日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ヘタレランナー・カメ子、42.195kmを走り切る  > 4ページ目
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ヘタレランナー・カメ子、42.195kmを走り切る

最終回 もう脚が動かない…それでもゴールへ!【東京マラソン:後編】

 カメ子=日経Gooday

最大のヤマ場、35km関門をなんとか通過

 どのくらいの時間を走ったのだろうか、気が付くと、銀座に向かうコーナーを曲がっていた。そして、沿道に友人・家族の姿を発見! うれしくて手を振ると、

 「がんばれー!! 止まらないでいいから、行って行って!

 と大きな声がかかる。立ち止まると脚がつらくなる。関門制限が迫っている。そのことを慮っての声掛けに、思わず胸が熱くなり、涙が出てきた。

 とにかく、この挑戦を、やり遂げたい!

34km、銀座中央通り。心配そうに待っていたカメラマンに手を振る。(撮影:村田わかな)
34km、銀座中央通り。心配そうに待っていたカメラマンに手を振る。(撮影:村田わかな)
[画像のクリックで拡大表示]

 沿道の応援と銀座の賑わいに力をもらい、銀座四丁目の交差点を築地方向に曲がり、ついに、35km関門(34.6km)を通過した。タイムはおよそ5時間18分(ネットで5時間3分)。ゲートクローズの10分前だった。

 危なかったな…。トイレに寄っていたら、アウトだったかも…。と冷汗をかきつつ、そのすぐ先の、35km地点を通過。タイムは5時間23分16秒(ネットで5時間07分56秒)だった。

 ていうか、よく考えたら、かれこれ5時間半近く走り続けているのか…∑( ̄ロ ̄|||)

 フルマラソンってすごいスポーツだな…。よくこんなところまで走ったな…と、ふと我に返って恐ろしくなる。

ついに35km! ここを過ぎればもうタイムの心配はいらない。
ついに35km! ここを過ぎればもうタイムの心配はいらない。
[画像のクリックで拡大表示]

 「ここまでくればもう大丈夫ですよ! がんばりましたね! あと一息です!」(真鍋コーチ)

 そう、実は、この35km関門を過ぎてしまえば、次の38km関門(38.3km)までは、「4kmを1時間」程度、つまり15分/kmのペースで間に合う。たとえ35km関門通過がギリギリだったとしても、13分/km以内なら間に合う計算だ。

 38km関門の先の最終関門(41.5km)も、11分30秒/km以内のペースなら通過できる。つまり、35km関門さえ越えてしまえば、ラスト7.6kmは全部歩いたとしてもゴールはまず確実という設定になっているようだ。

 ゴールは確実… 確実… 確実…

 なんという甘美な響き!! 皆そのことを知っているのだろう、35km関門を過ぎると、歩きだすランナーが増え、走っているランナーよりも圧倒的に多くなった。皆、カメ子と似たり寄ったりの走力で、同じような苦労をしてここまで走ってきたランナーたち。気持ちは完全に同志だ

最大の難所として知られる佃大橋は、ビクトリーロードを歩む大行進(?)のような光景に。
最大の難所として知られる佃大橋は、ビクトリーロードを歩む大行進(?)のような光景に。
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.