日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ヘタレランナー・カメ子、42.195kmを走り切る  > 3ページ目
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ヘタレランナー・カメ子、42.195kmを走り切る

最終回 もう脚が動かない…それでもゴールへ!【東京マラソン:後編】

 カメ子=日経Gooday

浅草から銀座へ、走っているのに歩いているのと同じ速さ…

 雷門の前を曲がり、目の前にそびえ立つ東京スカイツリーを仰ぎ見ながら、ようやく、銀座に向かって折り返した。ここからは、走れば走るほど銀座に戻っていく。そして、反対側の車線には、まだ続々と浅草に向かっていくランナーの姿が見える。自分の後ろにまだこんなに大勢のランナーがいると思うと、少しほっとする。

 「もう3分の2が終わったぞ! ここからあと14kmだ。練習で走った距離だから、途方もない距離じゃないだろう?」(ドS元編集長)

 「はい!」(カメ子)

 そう返事はしたものの、28km走って息も絶え絶えになりながらの、残り14km…。な、長い…。

 ここから、脚がますます言うことを聞かなくなり、歩いては走り、歩いては走り、の繰り返しになった。しかも、歯を食いしばって走っているつもりなのに、隣を歩いているランナーと、ほとんど速さが変わらない…(-ω-;)

 「いっそのこと、残り全部歩いてもいいかな…。歩いている人、いっぱいいるし…」

 疲れの余り、そんな思いが頭をよぎるカメ子。だが、まだ先は長い。ここから歩いたのでは、関門でひっかかってしまうかもしれない。それだけはイヤだ。少しでも、走らないと…。

 29km付近。道路の中央分離帯で、真鍋コーチに2回目のストレッチをしてもらった。このころになると、道のあちこちで脚を止めてストレッチをするランナーの姿が目に留まる。そんな中、まるでテレビ番組のチャリティーマラソンランナーのような手厚いケアを受けるカメ子。ありがたいと同時に、周りのランナーに申し訳ない気分になる。そしてまた、ヨロヨロと走り出す。

29km付近、コーチによる2回目のストレッチ。そしてまた走り出す。
[画像のクリックで拡大表示]
29km付近、コーチによる2回目のストレッチ。そしてまた走り出す。
[画像のクリックで拡大表示]
29km付近、コーチによる2回目のストレッチ。そしてまた走り出す。

 両国の30km関門(30.0km)の通過タイムは4時間33分03秒(ネットタイムは4時間17分43秒)。関門制限タイム(4時間46分)まで残り13分というタイミング。だいぶ差が縮まってしまった。

 ストレッチで止まった時間が何度もあったため、直近5kmのラップは54分39秒と、11分/kmに近いペースまで落ちていた。この頃、各ランナーの位置がリアルタイムで分かる大会のWebページを見ていた同僚や友人は、あまりの減速っぷりに、リタイアしてしまうのでは…とハラハラしていたようだ。

 ここから銀座まで、あと4km。銀座まで帰れば、また友人・家族に会える。がんばろう。そう自分を奮い立たせるが、実際には、一歩踏み出すごとに、脚の筋肉が悲鳴を上げる。果てしなく続く道。いくら走っても景色がちっとも変わらない気がする。

 遠い… 銀座が遠いよ…

 この4kmは、このレースで一番つらく苦しい4kmだった。もう、何も考えられない。ただ、ひたすら脚を前に出し続ける、それだけ…。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.