日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ヘタレランナー・カメ子、42.195kmを走り切る  > 7ページ
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ヘタレランナー・カメ子、42.195kmを走り切る

最終回 もう脚が動かない…それでもゴールへ!【東京マラソン:後編】

 カメ子=日経Gooday

真鍋コーチからのメッセージ

この企画が始まるにあたり、初めての打ち合わせで、
不安いっぱいの表情であったカメ子さんは

「本当に走れるかな」「トレーニング大丈夫かな」

正直、半信半疑だったと思います。

ただ、私としても、マラソンの楽しさ、また魅力を大いに感じてほしいという思いが強かったので、何よりも、やるのであれば、オンオフの強弱をつけながら楽しく、生活の一部として自然に取り入れてもらえたら嬉しいなと思っていました。

まずは基礎的なことから始め、コツコツと積み重ねてもらいながら前進、
時には後退することもありながらも
一歩一歩あくまでも、カメ子さんのペースで取り組んでいただきました。

実際にこの1年半、計4回のマラソン大会に参加。

初の3キロの大会ではまさかの1人旅…を経験、

10キロの大会では、怪我による途中リタイアと悔しい思いも経験、

ハーフマラソンでは最後の最後まで関門とのにらめっこで、ハラハラしながらも粘りある走りも経験、

そして、先月開催された東京マラソン。
最後まで諦めずに、これもまたゴールをひたすら目指して見事に完走。

このフルマラソン挑戦までの1年半、ご自身でもかなりのプレッシャーを感じていたと思います。

ただ、それ以上のたくさんの方々からの励まし、また、沿道からの熱い声援!がカメ子さんの力になったと思います。

トレーニング期間、嬉しいこと、辛いことも沢山あったと思いますが、
マラソンを走り終わえた安堵と、
不思議とまた走りたくなる、マラソンの魅力もしっかりと感じていただけたのではないかなと思います。

カメ子さんの頑張りが、たくさんの方々のパワーにもなったと思いますし、また、この企画により、

「私もやってみたい」「頑張れそう!」

と思った方が1人でも多くいたとしたら、私としても凄くうれしいことであります。

最後になりましたが、たくさんの応援、サポートいただきました読者の皆さま、また関係者の皆さま本当にありがとうございました。

そしてカメ子さん、心から東京マラソン完走おめでとうございます!
1年半本当にありがとうございました。
笑顔、嬉し泣きでのゴール最高でした!
今後はまたマラソンの楽しさを違う方向からも感じてほしいなと思います。

また、一緒に走れる日を楽しみにしております。

真鍋未央

 …ということで、本連載はこれにてひとまず終了となります。最初から最後まで、ヘタレらしい道のりではありましたが、応援してくださった読者の方々、そして、ご協力いただいた関係者の皆さまに心から感謝いたします。

 手厚いサポートを受けてなんとかフルマラソンを走りきったカメ子は、ランナーとしてはまだまだ半人前。これからは、独り立ちをして、「もっと楽に(関門制限におびえないくらいのペースで)ハーフマラソンを走れるようになること」をまずは目標にしていきたいと思っています。そしていつかまた、フルマラソンにも挑戦…して…みたいな…(←この期に及んで弱気・笑)。

 いつかどこかのレースでお目にかかれますように!

ありがとうございました!(撮影:村田わかな)
[画像のクリックで拡大表示]

(協力:大塚製薬、ダンスキン〔カメ子着用:Non Stress ジャケット 9000円、Non Stress Tシャツ 5000円、ショートパンツ 6000円、以上すべて税別〕)

真鍋未央(まなべ みお)さん
ランニングアドバイザー
真鍋未央(まなべ みお)さん

福岡県出身。高校時代、中・長距離の陸上選手として活躍し、卒業後は資生堂ランニングクラブに所属。同クラブ在籍中にマラソンに転向。ベストタイムは2時間55分27秒(2006年1月29日大阪国際女子マラソン)。

現在は、ランニングアドバイザーとして女性向けのセミナー、ランニングイベント「miobiRun」を定期的に開催するほか、TVや雑誌など各種メディアで活躍している。
著書に『キレイになるランニング』(青春出版社)、『週1回のランニングでマラソンは完走できる!』(池田書店)。公式ブログはこちら

先頭へ

前へ

7/7 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.