日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ヘタレランナー・カメ子、42.195kmを走り切る  > 3ページ
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ヘタレランナー・カメ子、42.195kmを走り切る

最終回 もう脚が動かない…それでもゴールへ!【東京マラソン:後編】

 カメ子=日経Gooday

浅草から銀座へ、走っているのに歩いているのと同じ速さ…

 雷門の前を曲がり、目の前にそびえ立つ東京スカイツリーを仰ぎ見ながら、ようやく、銀座に向かって折り返した。ここからは、走れば走るほど銀座に戻っていく。そして、反対側の車線には、まだ続々と浅草に向かっていくランナーの姿が見える。自分の後ろにまだこんなに大勢のランナーがいると思うと、少しほっとする。

 「もう3分の2が終わったぞ! ここからあと14kmだ。練習で走った距離だから、途方もない距離じゃないだろう?」(ドS元編集長)

 「はい!」(カメ子)

 そう返事はしたものの、28km走って息も絶え絶えになりながらの、残り14km…。な、長い…。

 ここから、脚がますます言うことを聞かなくなり、歩いては走り、歩いては走り、の繰り返しになった。しかも、歯を食いしばって走っているつもりなのに、隣を歩いているランナーと、ほとんど速さが変わらない…(-ω-;)

 「いっそのこと、残り全部歩いてもいいかな…。歩いている人、いっぱいいるし…」

 疲れの余り、そんな思いが頭をよぎるカメ子。だが、まだ先は長い。ここから歩いたのでは、関門でひっかかってしまうかもしれない。それだけはイヤだ。少しでも、走らないと…。

 29km付近。道路の中央分離帯で、真鍋コーチに2回目のストレッチをしてもらった。このころになると、道のあちこちで脚を止めてストレッチをするランナーの姿が目に留まる。そんな中、まるでテレビ番組のチャリティーマラソンランナーのような手厚いケアを受けるカメ子。ありがたいと同時に、周りのランナーに申し訳ない気分になる。そしてまた、ヨロヨロと走り出す。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
29km付近、コーチによる2回目のストレッチ。そしてまた走り出す。

 両国の30km関門(30.0km)の通過タイムは4時間33分03秒(ネットタイムは4時間17分43秒)。関門制限タイム(4時間46分)まで残り13分というタイミング。だいぶ差が縮まってしまった。

 ストレッチで止まった時間が何度もあったため、直近5kmのラップは54分39秒と、11分/kmに近いペースまで落ちていた。この頃、各ランナーの位置がリアルタイムで分かる大会のWebページを見ていた同僚や友人は、あまりの減速っぷりに、リタイアしてしまうのでは…とハラハラしていたようだ。

 ここから銀座まで、あと4km。銀座まで帰れば、また友人・家族に会える。がんばろう。そう自分を奮い立たせるが、実際には、一歩踏み出すごとに、脚の筋肉が悲鳴を上げる。果てしなく続く道。いくら走っても景色がちっとも変わらない気がする。

 遠い… 銀座が遠いよ…

 この4kmは、このレースで一番つらく苦しい4kmだった。もう、何も考えられない。ただ、ひたすら脚を前に出し続ける、それだけ…。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.