日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ヘタレランナー、ついに憧れの東京マラソンを走る  > 3ページ目
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ヘタレランナー、ついに憧れの東京マラソンを走る

第30回 好天と応援に助けられ、出だしは上々【東京マラソン:前編】

 カメ子=日経Gooday

 スタートゲートを通過する直前あたりから、ようやく前後の間隔が空き、集団が小走りになり始めた。カメ子のスタート時間は、9時25分20秒、スタートが9時10分なので、ロスタイムは15分20秒となった。よかった! これで少なくとも前半は関門制限に焦ることなく、余裕を持って走れそうだ。

 真鍋コーチとはスタートブロックが別れてしまったため、スタート後、1km付近で合流した。

 「ロスタイム、思ったより短くてよかったですね! さあ、張り切って行きましょう!」(真鍋コーチ)

 コーチの笑顔を見てホッとしたカメ子、いざ、改めて3人旅のスタートです!

新宿・歌舞伎町の手前で真鍋コーチと合流。長い3人旅が始まった。(撮影:村田わかな)
[画像のクリックで拡大表示]

靖国通りを埋め尽くすランナーの姿は圧巻!

 合流地点からほど近い、新宿・歌舞伎町の前を走る靖国通りは、ランナーの大群で埋め尽くされていた。噂には聞いていたが、その光景は圧巻の一言! 沿道には途切れることのないたくさんの応援の人、人、人。走っている人も、スタッフの人も、みんな笑顔で、楽しそうだ。コスプレ姿のランナーもたくさんいて、まさにお祭り状態。その異様な盛り上がりと「非日常感」に興奮するカメ子。

 「すごい。まるで東京中の人に応援されているみたい! これは、病み付きになるのも分かります!」(カメ子)

 「いやあ…これは、確かにすごいな」(ドS編集長)

 この大会に参加できたことのありがたさが身に染みる。もう、頑張るしかない。

 東京マラソンのコースは、大会ホームページ掲載のコースマップの通り。まずは商業ビルの立ち並ぶ新宿エリアを抜け、曙橋に向かうゆるやかな坂を下っていく。すると早くも、沿道に応援に駆け付けてくれた家族、友人の姿が。一瞬のことで、「ありがとう~!」と叫んで手を振ることしかできなかったが、これだけの人波の中に親しい人たちの顔を見つけると、うれしくて元気が湧いてくる。

 順調に走りながら、スタートから37分弱となる10時02分に、飯田橋付近の5km関門(5.6km)を通過(関門制限10時30分)。ここまで、膝の痛みはなく、6分30秒/kmくらいのペースで走れている。快調だ。

 最初の給水所でスポーツドリンクを飲み、あまりの暑さに長袖のジャケットを脱いで腰に巻き、下のTシャツにゼッケンを付け替えた。

 「暖かいですね~。こんなに天気が良くて暖かい東京マラソンは初めてじゃないかな?」と真鍋コーチ。脱水に気を付けて、給水ポイントではもれなく水分をとることにする。

 沿道では、ダンスパフォーマンスあり、ブラスバンドの生演奏ありで、とにかく飽きない。首都高速のガード下に差し掛かったときは、「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」が大音量で響きわたり、走っているランナーがリズムに合わせて一斉に「Y.M.C.A.」のパフォーマンスをしながら走る(カメ子も思わず参加)。す、すごいぞ東京マラソン…!

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.