日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ヘタレランナー、ついに憧れの東京マラソンを走る  > 2ページ目
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ヘタレランナー、ついに憧れの東京マラソンを走る

第30回 好天と応援に助けられ、出だしは上々【東京マラソン:前編】

 カメ子=日経Gooday

ブロック前方の位置を確保するため、早々に整列

 午前7時すぎ、スタート地点となる新宿で、伴走の真鍋コーチ、そしてこの企画を無茶振りした張本人でもある、ドS編集長と合流した(ドS編集長がムチ役として大暴れ?したハーフマラソン後半の様子は、こちら)。

 スポーツゼリーなどの栄養補給やトイレを済ませ、7時半ごろにそれぞれのブロックに向かう。この時点で、既に東京都庁周辺には続々とランナーが集結してきていた。そのランナーたちを、大勢のスタッフやボランティアの方々が、整然と誘導している。まだ朝早いというのに、会場は熱気に包まれている。

 カメ子は最後方に近いJブロックだったので、スタートのロスタイム(*1)は20分くらいを想定していた。だが、途中、脚の痛みで歩いてしまう可能性も考えると、少しでもロスは減らしたい。いったん並んでしまうと、スタートまでに体(特に膝)が冷えたりトイレに行きたくなったりする心配もあったが、とにかく前方の位置を確保することを優先し、スタート1時間前となる8時10分ごろには列に並んだ。

 幸い、この日は冷え込みがそれほど厳しくなかったことに加え、体のあちこちに携帯カイロを貼り、薄手のダウンジャケットまで羽織っていたため(そして脱いだらドS編集長がリュックに入れてくれるという、至れり尽くせり状態…)、寒さはほとんど感じなかった。スタートまでの立ちっぱなしの1時間は、意外にもあっという間に過ぎた

スタートまでのロスタイム、15分20秒!

 そしてついにやってきた、9時10分。はるか前方に設置されたオーロラビジョンから、スタートを告げるファンファーレが鳴り響いた。

東京マラソン2016の華々しいスタートの瞬間。このときカメ子ははるか後方で待機中。(©東京マラソン財団)
[画像のクリックで拡大表示]

 「スタートしたっぽいですね?」

 一瞬、胸が高鳴るカメ子。とはいえ、後方ブロックは、まだまったく動きなし。どこか他人事のようにスタートの気配を感じながら、数分たつと、ノロノロと列が動き出した。おっ、いよいよだ!

ようやくスタートのゲートが見えてきたが、まだこの混雑。
[画像のクリックで拡大表示]

 ランナーの大集団に混じってゆっくり歩きながら、都庁に向かうコーナーを曲がると、はるか先にスタートのゲートが見えてきた。地面には、スタートの瞬間に舞ったと思われる大量の紙吹雪。スタート脇の宣伝カーの上には、舛添都知事! そして左側の応援スタンドに目を移すと、そこには最前列から身を乗り出して応援してくれている有森裕子さんが!(有森さんが当日の感想を記した連載記事はこちら

 実は、有森さんの連載の担当編集でもあるカメ子。スタンドに向かって思い切り手を振り、「有森さーん!」と絶叫するも、距離があるため声は届かず…(´Д`。)。それでも、一気にテンションが上がる。

*1 多くのマラソン大会では、スタートの号砲が鳴ってからその人がフィニッシュするまでの時間(グロスタイム)が公式記録とされるが、大きな大会ではスタートラインを越えるまでに数分~10分以上かかることもあり、実質的なスタートからフィニッシュまでのタイム(ネットタイム)との差が生じる。その差(=号砲から実際にスタートラインを越えるまでに要した時間)をロスタイムと呼ぶ。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.