日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ヘタレランナー、ついに憧れの東京マラソンを走る  > 2ページ目
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ヘタレランナー、ついに憧れの東京マラソンを走る

第30回 好天と応援に助けられ、出だしは上々【東京マラソン:前編】

 カメ子=日経Gooday

ブロック前方の位置を確保するため、早々に整列

 午前7時すぎ、スタート地点となる新宿で、伴走の真鍋コーチ、そしてこの企画を無茶振りした張本人でもある、ドS編集長と合流した(ドS編集長がムチ役として大暴れ?したハーフマラソン後半の様子は、こちら)。

 スポーツゼリーなどの栄養補給やトイレを済ませ、7時半ごろにそれぞれのブロックに向かう。この時点で、既に東京都庁周辺には続々とランナーが集結してきていた。そのランナーたちを、大勢のスタッフやボランティアの方々が、整然と誘導している。まだ朝早いというのに、会場は熱気に包まれている。

 カメ子は最後方に近いJブロックだったので、スタートのロスタイム(*1)は20分くらいを想定していた。だが、途中、脚の痛みで歩いてしまう可能性も考えると、少しでもロスは減らしたい。いったん並んでしまうと、スタートまでに体(特に膝)が冷えたりトイレに行きたくなったりする心配もあったが、とにかく前方の位置を確保することを優先し、スタート1時間前となる8時10分ごろには列に並んだ。

 幸い、この日は冷え込みがそれほど厳しくなかったことに加え、体のあちこちに携帯カイロを貼り、薄手のダウンジャケットまで羽織っていたため(そして脱いだらドS編集長がリュックに入れてくれるという、至れり尽くせり状態…)、寒さはほとんど感じなかった。スタートまでの立ちっぱなしの1時間は、意外にもあっという間に過ぎた

スタートまでのロスタイム、15分20秒!

 そしてついにやってきた、9時10分。はるか前方に設置されたオーロラビジョンから、スタートを告げるファンファーレが鳴り響いた。

東京マラソン2016の華々しいスタートの瞬間。このときカメ子ははるか後方で待機中。(©東京マラソン財団)
[画像のクリックで拡大表示]

 「スタートしたっぽいですね?」

 一瞬、胸が高鳴るカメ子。とはいえ、後方ブロックは、まだまったく動きなし。どこか他人事のようにスタートの気配を感じながら、数分たつと、ノロノロと列が動き出した。おっ、いよいよだ!

ようやくスタートのゲートが見えてきたが、まだこの混雑。
[画像のクリックで拡大表示]

 ランナーの大集団に混じってゆっくり歩きながら、都庁に向かうコーナーを曲がると、はるか先にスタートのゲートが見えてきた。地面には、スタートの瞬間に舞ったと思われる大量の紙吹雪。スタート脇の宣伝カーの上には、舛添都知事! そして左側の応援スタンドに目を移すと、そこには最前列から身を乗り出して応援してくれている有森裕子さんが!(有森さんが当日の感想を記した連載記事はこちら

 実は、有森さんの連載の担当編集でもあるカメ子。スタンドに向かって思い切り手を振り、「有森さーん!」と絶叫するも、距離があるため声は届かず…(´Д`。)。それでも、一気にテンションが上がる。

*1 多くのマラソン大会では、スタートの号砲が鳴ってからその人がフィニッシュするまでの時間(グロスタイム)が公式記録とされるが、大きな大会ではスタートラインを越えるまでに数分~10分以上かかることもあり、実質的なスタートからフィニッシュまでのタイム(ネットタイム)との差が生じる。その差(=号砲から実際にスタートラインを越えるまでに要した時間)をロスタイムと呼ぶ。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.