日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 最終ロング走で13km! 自主トレでついに15km!  > 4ページ目
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

最終ロング走で13km! 自主トレでついに15km!

第29回 泣いても笑ってもフルマラソンまであと2日

 カメ子=日経Gooday

フルマラソン本番のウエアと持ち物はコレ!

 東京マラソンはエイドが充実しているし、「初心者はなるべく身軽で走った方がいい」とのコーチの勧めもあったが、最低限の装備はしておきたく、ウエストポーチの中には、バンドエイドミニタオルスマートフォン、水分とエネルギー補給のための小さなゼリー飲料スポーツ羊羹、そして、筋肉へのダメージを防ぐため、持久系アミノ酸BCAAを補給してくれる「アミノバリュー」の顆粒を入れる予定。アミノバリューは、この企画を応援してくださっている大塚製薬さんからの差し入れだ。そして、編集部の先輩からいただいた、「健脚寺院」として知られる延壽寺の「健脚お守りも忍ばせる。

これらに加えてスマホやミニタオル、脱いだシェルジャケットなどが加わる。ウエストポーチに収納するにはギリギリの量。

 当日は、ウエアやウエストポーチなどが肌に当たる部分の摩擦を和らげるために、ワセリンを体に塗り、あとは…好天と、脚の痛みがひどくならないことを祈るのみ!

 東京マラソンに出走される方、ボランティアや応援でお越しになる方、カメ子の目印は真鍋コーチです(笑)。もし見かけたら、声をかけてくださいね!

真鍋未央(まなべ みお)さん
ランニングアドバイザー
真鍋未央(まなべ みお)さん

福岡県出身。高校時代、中・長距離の陸上選手として活躍し、卒業後は資生堂ランニングクラブに所属。同クラブ在籍中にマラソンに転向。ベストタイムは2時間55分27秒(2006年1月29日大阪国際女子マラソン)。現在は、ランニングアドバイザーとして女性向けのセミナー、ランニングイベント「miobiRun」を定期的に開催するほか、TVや雑誌など各種メディアで活躍している。公式ブログはこちら
著書『週1回のランニングでマラソンは完走できる!』(池田書店)
(写真:村田わかな)

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.