日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 最終ロング走で13km! 自主トレでついに15km!  > 3ページ目
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

最終ロング走で13km! 自主トレでついに15km!

第29回 泣いても笑ってもフルマラソンまであと2日

 カメ子=日経Gooday

最後の最後の自主トレで15kmを達成!

 そしてその1週間後。本番まで3週間を少し切ったこの日、自主トレで、最後の最後に長い距離を目指して走ってみた。とはいっても、本来なら調整期に入っているので、ロング走は控えた方がいい。そこで、最長で15kmまで、と決めて走ってみた。その結果…

 15kmを走ることができました ヽ(;▽;)ノ

 タイムは1時間56分24秒(平均ペース7分45秒/km)。途中、痛みで2回ほど止まってしまったが、8kmまでは7分15秒/kmを維持して走ることができたし、その後はスローペースになりながらも、トータルでもなんとか7分台で走り切ることができた。これなら、スタートでタイムロスがあっても、なんとか15km関門まではクリアできるはずだ。

 よかったぁ… (TmT)

 本番前ギリギリのタイミングではあるが、15kmを走れたという事実は、メンタル面で非常に大きな意味があった。実はこの数週間、仕事などでストレスがかかったときに、妙な息苦しさ(動悸)が出現して、密かに悩んでいた。だが、15kmを走れて以来、ぴたりと止んだのだ(どんだけ追い詰められていたんだ、自分…)。

 欲を言えばあと1回、20kmを走ってから本番に臨みたかった。だが、教科書通りにできなかったことをいつまでも悩んでいても仕方がない。自分なりに頑張った結果が、今、この状態なのだから。自分なりにベストを尽くすしかない。

 ちなみに今回のフルマラソンは、ハーフマラソンの時にも一緒に走ってくれたドS編集長が、再びアニマル浜口さん役…ではなかった、ムチ役として伴走してくれることになっている(前回のムチ役っぷりは「ついにこの瞬間が! ハーフマラソン完走でカメ子号泣」参照)。

 ムチ役とはいいつつ、フルマラソンは初めてだという、ドS編集長。カメ子がこれだけ苦労しているのだから、きっと向こうも大変だろう。そこで、練習の進み具合を尋ねてみたところ…。

 「ああ、最近は毎週末ハーフくらいの距離を走ってるよ。やっぱあれだね。走り込んでいると脚が慣れてくるね」(ドヤ顔)

 そうですか…orz

 気にしない、気にしない…。

(写真:村田わかな)

(協力:ダンスキン〔カメ子着用:Non Stressジャケット 9000円、Non Stressロングスリーブ5500円、ショートパンツ 6000円、以上すべて税別〕、大塚製薬)

フルマラソン本番のウエアと持ち物はコレ!

 フルマラソン初挑戦を前に、悩ましかったのがウエアや持ち物だ。カメ子はスタートのはるか後方のブロックからのスタートのため、整列してから実際に動き出すまで、寒空の下、1時間以上は身動きもできずじっとしていなければならない。一番悩んだのは、この寒さ対策だ。スタート後は走って体が温まるが、途中で歩いてしまった場合、再び身体が冷えてしまう。ゼッケンをつけてしまったウエアは、走りながらの脱ぎ着がかなり面倒なので、なんとも悩ましい。

当日もこのウエア(+シェルジャケット)で。
[画像のクリックで拡大表示]

 当日の天気予報とにらめっこをしながら、最終的には「半袖シャツ&アームカバー+長袖ジャケット+ゼッケンが透けて見える(途中で脱げる)シェルジャケット」のスタイルに決定。これに小さ目のネックウォーマー手袋携帯カイロを追加。暑くなったらカイロは捨て、残りはウエストポーチに収納する予定だ。

 アームカバーは、ハーフマラソンの時にも着用したもので、二の腕のプルプル部分のブレを防いでくれて、とても走りやすい。シャツとジャケットは、この企画にいつもウエアを貸し出してくれるダンスキンさんの「Non Stressシリーズ」。本記事でも着用させていただいているものだ(写真)。その名の通り、ストレッチが効いて柔らかく、軽く、吸汗・速乾性もあり、走っていて最高に着心地がいい。これに、履き慣れた機能性タイツランニングパンツ。(次ページに続く)

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.