日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > どん底脱出を目指し、初めての鍼治療に挑戦!
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

どん底脱出を目指し、初めての鍼治療に挑戦!

第28回 痛みに弱く先端恐怖症…そんな私でも痛くなかった

 カメ子=日経Gooday

右膝の痛みから距離がまったく伸ばせず、失意のどん底にいたヘタレランナー・カメ子。フルマラソン前の最終ロング走を2日後に控えたある日、向かった治療院で、いつものトレーナーさんから思いもかけない提案が…!

近所の材木店で入手した青竹。最初は痛いが、毎日踏んでいると病みつきに。
近所の材木店で入手した青竹。最初は痛いが、毎日踏んでいると病みつきに。

 東京マラソンまで、ついに1カ月あまりとなった。カメ子は、相変わらず右膝の痛みが良くならず、練習では10kmも走れない、まさにどん底の毎日を過ごしていた(詳しくは前回記事「東京マラソン目前、膝が痛い、距離が伸びない」

 少しでも不安を振り払おうと、週3~4回の補強トレーニング、足裏を柔らかくするための青竹踏み(着地の衝撃を受け止められるように)、お風呂でのセルフマッサージとストレッチ、そして鉄剤を併用した貧血対策にも励んでいた。

 だが、ランナーである前に、フルタイムのワーキングマザーでもあるカメ子。仕事を終え、家事を終えた頃にはぐったり疲れ果て、着替えもせずに寝落ちしてしまう日も…。自分なりに精いっぱい頑張ったものの、決して理想的な準備を重ねられたわけではなかった。

 そしていよいよ、真鍋未央コーチと一緒の最終ロング走に挑む2日前、カメ子は以前からお世話になっている「ケッズプラス治療院」を訪れた。

「鍼ってやったことありますか?」

 カメ子を担当してくれているトレーナーの金子智亜樹さんは、初めて膝が痛くなり、10kmレースをリタイアしてしまった時に、真鍋未央コーチに紹介してもらった方(詳しくは関連記事「ランの膝痛に悩み、スポーツマッサージ初体験!」)。カメ子の脚の状況について真鍋コーチと情報を共有し、一緒に対策を練ってくれる、ありがたいサポーターなのだ。

 カメ子の顔をみるなり、金子さんから「真鍋さんから膝の力が抜けてしまうと聞いて、心配していました。まずは状態を見せてもらって、対策を考えましょう」と、心強いお言葉!

 施術を受けながら「前回よりも足裏がだいぶ柔らかくなっていますよ! 青竹、効いてますね~」と褒められるカメ子。ちょっとでも改善の兆しがあると分かっただけで、じわっと涙が出てくる(←だいぶメンタルが弱っている)。

 そして、問題の右脚のマッサージを受けていたときだった。

 「痛たたたっ」

 思わず声を上げてしまうほど、凝っている場所があった。

 「今、痛みを感じた右の太腿の内側の辺りに、硬い凝りがありますね。これはマッサージではなかなか取れません。この部分の筋肉の疲れが回復せず、弾力が失われて硬くなってしまっているために、衝撃を受け止めきれなくなっている可能性があります」(金子さん)

 そして、金子さんの口から思いもかけない言葉が飛び出した。

 「1つ、お薦めしたい選択肢があるのですが…。鍼ってやったことありますか?

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.