日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 東京マラソン目前、膝が痛い、距離が伸びない  > 5ページ目
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

東京マラソン目前、膝が痛い、距離が伸びない

第27回 試走会も不調、ストレスと焦りがMaxに

 カメ子=日経Gooday

緊急トレーニングも不発、焦りと落胆はMaxに

 だが、1週間後の緊急トレーニングも、結局、6km過ぎで痛みが出現。ウォークを挟みながらなんとか7kmまで到達したものの、痛みが増してきたためそこで中止となってしまった。

 実はこの4日前の自主トレでは、久しぶりに痛みなく、7kmを走ることができていた。しかも平均ペース7分11秒/kmという、目標通りの好ペース。少し明るい光がさしてきた! と前向きな気分で臨んだトレーニングだっただけに、落胆は大きかった。

 6kmまでは7分10秒/km前後のペースで、すこぶる快調に走れていたのに…。唯一の好材料といえば、痛みが出るタイミングが少し遅くなったこと。でも、本番はなんといっても42.195kmもある。ハーフマラソンの時はなんとかがんばれたが、さすがにその倍の距離は無理なのでは…。

 そんなことを思いながら、ロッカールームに戻る道のりを、無言でトボトボ歩く。真冬の空の下、スピードを緩めた体はあっという間に冷え、ただただ惨めな気持ちになってくる。こんな状態のカメ子に我慢強く付き合ってくれる真鍋コーチに申し訳ない。今日こそは、少しでも明るい結果で終わりたかったのに。

 ああ、なんかもう、泣きたい…(T-T )

 どうするんだ、東京マラソン。どうなるんだ、この企画…。

 その後2週間の自主トレも、やはり6~7kmしか走れず、完全に行き詰ってしまったカメ子。レース4週間前となった最終ロングランの直前に、再び訪れたスポーツマッサージの治療院で、カメ子はある大きな挑戦をすることになった。

 人生初の、鍼治療。

 痛みに弱く、しかも先端恐怖症のカメ子は、どんなに人が勧めても、鍼だけは絶対にやりたくない!と思っていた。麻酔もせずに、長くて細い針を筋肉に突き刺すなんて、そんなバカな!

 …だが、この期に及んで四の五の言っている場合ではない。

 次回(「どん底脱出を目指し、初めての鍼治療に挑戦!」)は、追い詰められたカメ子が決死の思いで挑戦した鍼治療の模様をご報告します!

 

(写真:村田わかな)

(協力:ダンスキン〔カメ子着用:パッカブルジャケット 1万円、ロングスリーブシャツ 7000円、ショートパンツ 5500円、以上すべて税別〕、大塚製薬)

真鍋未央(まなべ みお)さん
ランニングアドバイザー
真鍋未央(まなべ みお)さん

福岡県出身。高校時代、中・長距離の陸上選手として活躍し、卒業後は資生堂ランニングクラブに所属。同クラブ在籍中にマラソンに転向。ベストタイムは2時間55分27秒(2006年1月29日大阪国際女子マラソン)。現在は、ランニングアドバイザーとして女性向けのセミナー、ランニングイベント「miobiRun」を定期的に開催するほか、TVや雑誌など各種メディアで活躍している。公式ブログはこちら
著書『週1回のランニングでマラソンは完走できる!』(池田書店)
(写真:村田わかな)

先頭へ

前へ

5/5 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.