日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 東京マラソン目前、膝が痛い、距離が伸びない
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

東京マラソン目前、膝が痛い、距離が伸びない

第27回 試走会も不調、ストレスと焦りがMaxに

 カメ子=日経Gooday

東京マラソンという最終ゴールに向け、一番走り込みをしたい時期。それなのに、ヘタレランナー・カメ子は再び窮地に。膝の痛みが再発し、トレーニングの距離は右肩下がり。走りたい、でも走れない。そして無情にも時間だけが過ぎていく…。

本番まで3カ月、なのに走行距離は「右肩下がり」

 ついに最終ゴールを宣言し、もう後には引けなくなってしまったヘタレランナー・カメ子。ハーフマラソン完走後、休養を挟んで徐々に距離を伸ばし、真鍋コーチと一緒に11kmを走れたところまでは順調だった(前回記事「ヘタレランナー、目指すゴールは東京マラソン!」)。

 この時点で、大会までに残された期間は約3カ月。真鍋コーチのアドバイスにより、その後は以下のようなスケジュールでトレーニングを進めていく予定だった。

  • 週1~2回のランニングで、7分00秒~7分20秒/kmのペースを維持しながら10~20kmの間で徐々に距離を伸ばしていき、大会の3~4週間前に、最終ロング走として20~25kmを走る。週2~3回の補強トレーニングも並行して続ける。
  • 最終ロング走の後は、本番に向けた調整期に入る。この時期は5~10kmの週1ランニング+週2~3回の補強トレーニングにとどめ、疲労をためず、睡眠と栄養をしっかり取り、体調を整えることに専念する。
  •  だが現実は…

     まったく予定通りに進みませんでした (´Д`;)

     走力を上げるために一番大事な時期。「よし、15km、20km目指してがんばろう!」と思っていた矢先に、ハーフマラソン前にもあった膝の痛みが再発してしまったのだ。

     日常生活はまったく問題ないものの、いざ走ると、左膝の外側が着地のたびにじわじわと痛み出す。そのまま1~2kmはなんとか走れるのだが、結局は痛みが強くなり脚が止まってしまう。そこからは、家まで歩いて帰るのもつらい、という状態に。だが、一晩休むと良くなり、翌日に持ち越すことはほとんどない。

     痛みは、早いときは3~4kmで出現する。痛みの出た左脚をかばうように走っていたところ、右脚に負担がかかっていたようで、ある時から、左ではなく右膝の外側が痛むようになってしまった

     この時期のトレーニングの状況は、以下のような惨状だった。

    大会3カ月前~1カ月半前のトレーニングの状況
    時期距離時間平均ペース備考
    12月11.00km1:18:347:08/km前回指導日。脚の痛みもなくすこぶる快調。ペースも申し分なし。
    9.18km1:09:457:36/km7km付近で痛みが出る。そこまでの平均ペースは7:21/kmと申し分なかったのだが…。
    11.02km1:24:127:38/km左ではなく右膝に痛みがでるようになる。ただひどくはなく、11km走れて満足。
    5.03km38:067:33/km 用事があり5kmで切り上げ。最後、右膝痛が出現。
    1月5.42km43:077:59/km正月明けで体が重く、終始スローペース。10kmを目指したが、右膝痛でリタイア。
    4.00km29:547:28/km前回よりペースは上がったものの、やはり3km過ぎで痛みが出たためストップ。完全に停滞期。

    1/5 page

    最後へ

    次へ

    RELATED ARTICLES関連する記事

    スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

    カテゴリ記事をもっと見る

    FEATURES of THEMEテーマ別特集

    • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

      脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

    • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

      激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

    • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

      中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

    テーマ別特集をもっと見る

    スポーツ・エクササイズSPORTS

    記事一覧をもっと見る

    ダイエット・食生活DIETARY HABITS

    記事一覧をもっと見る

    からだケアBODY CARE

    記事一覧をもっと見る

    医療・予防MEDICAL CARE

    記事一覧をもっと見る

    「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

    • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
    • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
    • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

    お知らせINFORMATION

    日経Gooday新型コロナ特設

    SNS

    日経グッデイをフォローして、
    最新情報をチェック!

    RSS

    人気記事ランキングRANKING

    • 現在
    • 週間
    • 月間

    NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.