日経グッデイ

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

走るのが楽しい、なのにドクターストップ?!

第10回 謎の股関節痛が出現

 カメ子=日経Gooday

「フルマラソン完走」という、地平線のはるか彼方の目標を目指し、なんとか「10分連続で走る」ところまでたどりついた、アラフォーヘタレランナー・カメ子。ようやくトレーニングの成果を実感できるようになり、自主トレに気合も入ってきた矢先、思わぬアクシデントが…。

 「カメ子もそろそろレースに出てみたら?」

 「は?( ̄□ ̄;)」

 ようやく「10分連続で走る」ところまで到達し(前回記事「カメ、初めて『10分』連続で走る!」参照)、前向きな気持ちが盛り上がっていたある日。真鍋未央コーチを交えた打ち合わせの席で、Goodayの広告担当S氏が、突然そんな提案をぶち上げてきた。

 「レースって、私、まだ10分しか走れないんですけど…?!」

 「大丈夫、大丈夫。3kmのレースもいっぱいあるんだよ。たとえばこれとか」

 そう言ってS氏が差し出したタブレットには、真冬の河川敷で開催される、あるマラソンイベントの案内ページが。確かにある、3kmの部。

 ええと、3kmってどれくらいだろう? 今の「1kmを8分~8分30秒」のゆっくりペースで走ったとして、24~26分だ。…えっ 25分も走りっぱなし?!

 「ちょ、ちょっと待ってください。まだ早くないですか?」

 なにしろ、運動不足歴20年からのスタートで、10分連続で走れるようになるまで5週間もかかったのだ。3kmなんて、途方もない距離に感じる。

 ひるみまくるカメ。だが、そんな会話を横で聞いていた真鍋コーチが、笑顔で頷いた。

 「いいんじゃないですか? まだ2カ月以上ありますし、3kmは走れる走力は少しずつついていますので、心配ないと思いますよ♪」

 「そ、そうですか?」

 「レースの雰囲気を一度体験してみると、いい刺激になりますよ。私も伴走しますね!」

 なんと! 真鍋コーチが、わざわざこんなヘタレのために伴走してくれるなんて! そこまで言っていただいた以上、逃げ出すわけにはいかない。結局、勢いに任せてその日のうちにエントリーを済ませ、「2カ月後までに3km完走」という新たなハードルに向かって、自主トレをスタートさせることになったのだった。

同じ距離がどんどん楽になる!

 第2回指導日の後、真鍋コーチからこんなメニューを受け取った。

引き続き、ジョグとウォークを組み合わせていきましょう。前回、
10分ウォーク-5分ラン-5分ウォーク-10分ラン-10分ウォーク
…と、トータルで40分できたので、かなり良くなっています。

上記のメニューに物足りなさを感じてきたら、
5分ウォーク-10分ラン-5分ウォーク-15分ラン-5分ウォーク
のような感じで、ラン時間を増やしてのトータル40分でもOKです。

さらにトータル時間を10分ほど追加して、50分ほど動き続けてもよいと思います。たとえば
5分ウォーク-10分ラン-5分ウォーク-15分ラン-5分ウォーク-5分ラン-5分ウォーク
のような形です。

ランの後は汗をかきますので、寒い日はランとランの間のウォーク時間が長くなると体が冷えてしまうので注意してくださいね。その場合は早歩きにするか、もしくはラン時間を増やせそうであれば、増やしてもOKです。

 承知しやした! がんばります!

 さて、第2回指導日の後の、初めての週末。この日は、指導日とほぼ同じ「ウォーク10分-ラン5分-ウォーク5分-ラン10分-ウォーク5分(家に到着して終了)」というメニューに挑戦してみた。前回、無事に走リ切った“成功体験”のせいか、この日は余裕をもってクリアできたばかりか、最初の10分ウォークのときに「早く走り出したいな~」と思っている自分に驚く。前回はなんとか達成した10分ランも、今日はなんだか楽に感じる。

 「目標は、速く走ることよりも、楽に走れるようになること」。

 真鍋コーチの言葉(詳しくは第3回記事参照)を思い出し、思わずにんまりするカメ。

 コーチ、私、進歩してるみたいです!

 次の週末(第8週目)は、予定が詰まっていたため、朝、起きぬけ(といっても昼前)にひとっ走りしてみた。10分ランを2本に増やし、さらに最後に5分を1本追加して、「5分ウォーク-10分ラン-5分ウォーク-10分ラン-5分ウォーク-5分ラン」というメニュー。トータル40分、ランの時間は合計25分という組み合わせだ。

 この日はやや冷え込んだが、澄んだ空気を楽しみながら自然の中を走っていると、頭の中が空っぽになり、気持ちがいい。しかも、ちょっと前までは5分走ると疲れてフォームが崩れてくるのを感じていたが、今回は、体が以前よりもしっかり動いている。ひょっとして、筋肉プルプルの補強トレーニング(詳しくはこちら )の成果が出ているのだろうか。

補強トレーニングの成果をようやく実感

階段なんて、もう怖くない。3階分までなら。
[画像のクリックで拡大表示]

 この間、補強トレーニングは、「歯を磨きながらスクワット」「夜、寝る前に腹筋」といった具合に、「随時、思いついた時に、ながらトレーニング」というスタイルが完全に定着。1セット当たりの回数も、5回から10回にアップしたが、以前のような筋肉痛はなく、すこぶる順調だ。前回指導日に教えてもらった「だるま腹筋」(詳しくはこちら)にもチャレンジしたりしている。

 そういえばこの前、会社の階段を3階分一気に上がっても、全然息が切れなかったな。会社から駅までダッシュするときも、足取りが軽くなってきた。体を動かすこと全般が、明らかに楽になっている。トレーニングをすれば、体はちゃんと応えてくれる。シンプルなことだが、それを体感することで、ますます地味な補強トレーニングにもやる気がわいてくる。

 なんだか、いい感じ。錆びついていたエンジンが時間をかけてようやく温まり、いよいよカメ、上昇気流に乗ってきました!

走りたい、でも股関節が痛い…

 ところが…

 そんなウキウキ気分で走っていたこの日、最後の5分ランの最中に、右の脚の付け根(股関節周辺)に、今まで感じたことのない軽い痛みを感じた。

 なんだろう? もしかして、ウォームアップが足りなかったかな? それとも、体が硬いせいか…。

 なんだか、いやな予感。

 真鍋コーチに報告すると、こんな答えが返ってきた。

 「股関節まわりの痛みですか。おそらく、よく動かせていないことが原因かと思いますが、痛みが増すようであれば、ウォークのみなどに変更してくださいね。無理は禁物です。ストレッチを多めにやってみてください」

 確かに、補強トレーニングはせっせとやっても、日々のストレッチは怠っていた。そういえば以前、ウォームアップを教わった時に、真鍋コーチはこんなことを言っていた。

 「初心者に多いトラブルの1つに股関節まわりの痛みがあります」

 …い、いかーん!! 今から故障していたら、ちっとも先に進めないじゃないか!!

 結局、次の週末は、旅行のために走ることができなかったこともあり、補強トレーニングと並行して股関節まわりのストレッチを慎重に行い、回復を祈りながら次のトレーニングを待つことになった。せっかく波に乗ってきたのに、このお預け状態はつらい。早く次の週末が来ないかな。走るのが待ち遠しい…。

第6週から9週までの自主トレ記録
[画像のクリックで拡大表示]

恐る恐る再開したランニングで、やはり痛みが…

 そしてやってきた、第10週。なんと、企画が始まったころにあれだけ「平日になんか走りたくない」と言っていたカメが、週末を待ちきれずに、平日の朝に走ってしまったのだから自分でも驚きだ。

 股関節に違和感を覚えてから12日ぶりのウォーク&ラン。本当は15分ランに挑戦したかったが、焦らず、「5分ウォーク-10分ラン-5分ウォーク-10分ラン-5分ウォーク」を目指して走り始めた。

 やっと走れる~! 楽しい! うれしい!

 ところが…。5分ウォーク-10分ラン-5分ウォークと快調にきて、次のランに入ったところで、またしても、右のお尻の付け根辺りが痛くなってきた。いたたたた…。これって、関節痛? 筋肉痛? 初めての痛みで自分でもよく分からない。だが、無理は禁物だ。結局、10分走ったところでリタイアとなった。

 はあ…。今日こそステップアップしたかったのに…。走りたいのに走れない。痛くて楽しめない。まだ10分しか走れていないのに、もしかして、もうドクターストップなのだろうか。それは悲しすぎる。というか、いくらなんでもヘタレすぎる~~~!!

 どうするんだ、この企画。どうするんだ、3kmレース。ようやく走る楽しさに目覚めてきたカメ、ここへきて、焦りも悲しみもマックスに…。

10分しか走れないのに早くもドクターストップ?!
(イラスト:やまもと妹子)

痛みがようやくなくなり、ついに25分走れるように!

 企画リタイアの悪夢にうなされ、数日間打ちひしがれていたカメだったが、そんなときに限って、週末はあっという間にやってくる。日常生活で痛みはまったくないが、走るとまた痛みが出てくるかもしれない。シューズのひもを締めながら、不安のあまり小さなため息をつく。

 ええいっ、とにかく走ってみるしかない。ダメならやめるまでだ。そう開き直って、走り始めたところ…ん? 今日は痛みがないみたい。恐る恐る走り続け、終わってみれば、最長記録を「5分」更新。15分連続で走ることができた(5分ウォーク-15分ラン-5分ウォーク-10分ラン)。

 よかったあ…(涙)。今日も痛くなったら病院に行こう、と覚悟を決めていたが、なんとか事なきを得たようだ。焦りながらも、「痛みを感じたら走らない」ことに徹して、無理せず、股関節まわりのストレッチに励んで回復を待ったことが功を奏したのかもしれない。

 真鍋コーチに喜びの報告をすると、こんなお返事が返ってきた。

股関節、いい感じに回復しているようで安心しました!
股関節を普段から動かせていない、固まった状態でトレーニングをしたために、身体がびっくりしてしてしまったのだと思います。普段からストレッチをしたり、積極的に歩いたりして、ここ(股関節)を使っているんだよ!と身体に感じさせてあげることが大事です。
トレーニングだけでなく、ストレッチを含めたメンテナンスをしっかりとやることが、ケガしない体を作るためにはとても大事です。そのことを普段からしっかり意識していきましょう。

 メンテナンスの重要性…。頭では分かっていたものの、実際に痛い目を見るまで、ついついおろそかにしてきた(反省…)。これからは、入浴後に、できるだけストレッチをしよう。

 そして、指導日前の最後の自主トレとなった、翌週(第12週)。この日は20分ランを目標に設定して走り始めたのだが、痛みがないのがうれしくて、「行けるところまで行ってみたい!」という気持ちがムクムク。久しぶりにストレスなく走れる喜びに身を任せ、走る、走る…その結果…

 初めて25分の連続ランに成功しました!ヽ(;∇;)ノ

 スマートフォンのGPS機能を利用したランニングアプリの記録を確認すると、ほぼ3kmくらいは走っていたようだ。

 うっしゃー!! ついに、3km、走ったどー!!

素晴らしい!! 大会の3kmは確実にいけますね。
今夜はしっかりお風呂に浸かってほぐしておいてくださいね!

 そんな温かいメッセージを真鍋コーチからもらい、ようやく長いトンネルの出口が見えてきた、カメなのでした…ホッ(次回、第3回指導日では30分ランに挑戦します!)。

第10週から13週までの自主トレ記録
[画像のクリックで拡大表示]
真鍋未央(まなべ みお)さん
ランニングアドバイザー
真鍋未央(まなべ みお)さん

福岡県出身。高校時代、中・長距離の陸上選手として活躍し、卒業後は資生堂ランニングクラブに所属。同クラブ在籍中にマラソンに転向。ベストタイムは2時間55分27秒(2006年1月29日大阪国際女子マラソン)。現在は、ランニングアドバイザーとして女性向けのセミナー、ランニングイベント「miobiRun」を定期的に開催するほか、TVや雑誌など各種メディアで活躍している。公式ブログはこちら
著書『週1回のランニングでマラソンは完走できる!』(池田書店)
(写真:村田わかな)