日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 走るのが楽しい、なのにドクターストップ?!  > 4ページ
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

走るのが楽しい、なのにドクターストップ?!

第10回 謎の股関節痛が出現

 カメ子=日経Gooday

痛みがようやくなくなり、ついに25分走れるように!

 企画リタイアの悪夢にうなされ、数日間打ちひしがれていたカメだったが、そんなときに限って、週末はあっという間にやってくる。日常生活で痛みはまったくないが、走るとまた痛みが出てくるかもしれない。シューズのひもを締めながら、不安のあまり小さなため息をつく。

 ええいっ、とにかく走ってみるしかない。ダメならやめるまでだ。そう開き直って、走り始めたところ…ん? 今日は痛みがないみたい。恐る恐る走り続け、終わってみれば、最長記録を「5分」更新。15分連続で走ることができた(5分ウォーク-15分ラン-5分ウォーク-10分ラン)。

 よかったあ…(涙)。今日も痛くなったら病院に行こう、と覚悟を決めていたが、なんとか事なきを得たようだ。焦りながらも、「痛みを感じたら走らない」ことに徹して、無理せず、股関節まわりのストレッチに励んで回復を待ったことが功を奏したのかもしれない。

 真鍋コーチに喜びの報告をすると、こんなお返事が返ってきた。

股関節、いい感じに回復しているようで安心しました!
股関節を普段から動かせていない、固まった状態でトレーニングをしたために、身体がびっくりしてしてしまったのだと思います。普段からストレッチをしたり、積極的に歩いたりして、ここ(股関節)を使っているんだよ!と身体に感じさせてあげることが大事です。
トレーニングだけでなく、ストレッチを含めたメンテナンスをしっかりとやることが、ケガしない体を作るためにはとても大事です。そのことを普段からしっかり意識していきましょう。

 メンテナンスの重要性…。頭では分かっていたものの、実際に痛い目を見るまで、ついついおろそかにしてきた(反省…)。これからは、入浴後に、できるだけストレッチをしよう。

 そして、指導日前の最後の自主トレとなった、翌週(第12週)。この日は20分ランを目標に設定して走り始めたのだが、痛みがないのがうれしくて、「行けるところまで行ってみたい!」という気持ちがムクムク。久しぶりにストレスなく走れる喜びに身を任せ、走る、走る…その結果…

 初めて25分の連続ランに成功しました!ヽ(;∇;)ノ

 スマートフォンのGPS機能を利用したランニングアプリの記録を確認すると、ほぼ3kmくらいは走っていたようだ。

 うっしゃー!! ついに、3km、走ったどー!!

素晴らしい!! 大会の3kmは確実にいけますね。
今夜はしっかりお風呂に浸かってほぐしておいてくださいね!

 そんな温かいメッセージを真鍋コーチからもらい、ようやく長いトンネルの出口が見えてきた、カメなのでした…ホッ(次回、第3回指導日では30分ランに挑戦します!)。

第10週から13週までの自主トレ記録
[画像のクリックで拡大表示]
真鍋未央(まなべ みお)さん
ランニングアドバイザー
真鍋未央(まなべ みお)さん

福岡県出身。高校時代、中・長距離の陸上選手として活躍し、卒業後は資生堂ランニングクラブに所属。同クラブ在籍中にマラソンに転向。ベストタイムは2時間55分27秒(2006年1月29日大阪国際女子マラソン)。現在は、ランニングアドバイザーとして女性向けのセミナー、ランニングイベント「miobiRun」を定期的に開催するほか、TVや雑誌など各種メディアで活躍している。公式ブログはこちら
著書『週1回のランニングでマラソンは完走できる!』(池田書店)
(写真:村田わかな)

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.