日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 走るのが楽しい、なのにドクターストップ?!  > 2ページ目
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

走るのが楽しい、なのにドクターストップ?!

第10回 謎の股関節痛が出現

 カメ子=日経Gooday

 さて、第2回指導日の後の、初めての週末。この日は、指導日とほぼ同じ「ウォーク10分-ラン5分-ウォーク5分-ラン10分-ウォーク5分(家に到着して終了)」というメニューに挑戦してみた。前回、無事に走リ切った“成功体験”のせいか、この日は余裕をもってクリアできたばかりか、最初の10分ウォークのときに「早く走り出したいな~」と思っている自分に驚く。前回はなんとか達成した10分ランも、今日はなんだか楽に感じる。

 「目標は、速く走ることよりも、楽に走れるようになること」。

 真鍋コーチの言葉(詳しくは第3回記事参照)を思い出し、思わずにんまりするカメ。

 コーチ、私、進歩してるみたいです!

 次の週末(第8週目)は、予定が詰まっていたため、朝、起きぬけ(といっても昼前)にひとっ走りしてみた。10分ランを2本に増やし、さらに最後に5分を1本追加して、「5分ウォーク-10分ラン-5分ウォーク-10分ラン-5分ウォーク-5分ラン」というメニュー。トータル40分、ランの時間は合計25分という組み合わせだ。

 この日はやや冷え込んだが、澄んだ空気を楽しみながら自然の中を走っていると、頭の中が空っぽになり、気持ちがいい。しかも、ちょっと前までは5分走ると疲れてフォームが崩れてくるのを感じていたが、今回は、体が以前よりもしっかり動いている。ひょっとして、筋肉プルプルの補強トレーニング(詳しくはこちら )の成果が出ているのだろうか。

補強トレーニングの成果をようやく実感

階段なんて、もう怖くない。3階分までなら。
[画像のクリックで拡大表示]

 この間、補強トレーニングは、「歯を磨きながらスクワット」「夜、寝る前に腹筋」といった具合に、「随時、思いついた時に、ながらトレーニング」というスタイルが完全に定着。1セット当たりの回数も、5回から10回にアップしたが、以前のような筋肉痛はなく、すこぶる順調だ。前回指導日に教えてもらった「だるま腹筋」(詳しくはこちら)にもチャレンジしたりしている。

 そういえばこの前、会社の階段を3階分一気に上がっても、全然息が切れなかったな。会社から駅までダッシュするときも、足取りが軽くなってきた。体を動かすこと全般が、明らかに楽になっている。トレーニングをすれば、体はちゃんと応えてくれる。シンプルなことだが、それを体感することで、ますます地味な補強トレーニングにもやる気がわいてくる。

 なんだか、いい感じ。錆びついていたエンジンが時間をかけてようやく温まり、いよいよカメ、上昇気流に乗ってきました!

走りたい、でも股関節が痛い…

 ところが…

 そんなウキウキ気分で走っていたこの日、最後の5分ランの最中に、右の脚の付け根(股関節周辺)に、今まで感じたことのない軽い痛みを感じた。

 なんだろう? もしかして、ウォームアップが足りなかったかな? それとも、体が硬いせいか…。

 なんだか、いやな予感。

 真鍋コーチに報告すると、こんな答えが返ってきた。

 「股関節まわりの痛みですか。おそらく、よく動かせていないことが原因かと思いますが、痛みが増すようであれば、ウォークのみなどに変更してくださいね。無理は禁物です。ストレッチを多めにやってみてください」

 確かに、補強トレーニングはせっせとやっても、日々のストレッチは怠っていた。そういえば以前、ウォームアップを教わった時に、真鍋コーチはこんなことを言っていた。

 「初心者に多いトラブルの1つに股関節まわりの痛みがあります」

 …い、いかーん!! 今から故障していたら、ちっとも先に進めないじゃないか!!

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.