日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 走るのが楽しい、なのにドクターストップ?!
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

走るのが楽しい、なのにドクターストップ?!

第10回 謎の股関節痛が出現

 カメ子=日経Gooday

「フルマラソン完走」という、地平線のはるか彼方の目標を目指し、なんとか「10分連続で走る」ところまでたどりついた、アラフォーヘタレランナー・カメ子。ようやくトレーニングの成果を実感できるようになり、自主トレに気合も入ってきた矢先、思わぬアクシデントが…。

 「カメ子もそろそろレースに出てみたら?」

 「は?( ̄□ ̄;)」

 ようやく「10分連続で走る」ところまで到達し(前回記事「カメ、初めて『10分』連続で走る!」参照)、前向きな気持ちが盛り上がっていたある日。真鍋未央コーチを交えた打ち合わせの席で、Goodayの広告担当S氏が、突然そんな提案をぶち上げてきた。

 「レースって、私、まだ10分しか走れないんですけど…?!」

 「大丈夫、大丈夫。3kmのレースもいっぱいあるんだよ。たとえばこれとか」

 そう言ってS氏が差し出したタブレットには、真冬の河川敷で開催される、あるマラソンイベントの案内ページが。確かにある、3kmの部。

 ええと、3kmってどれくらいだろう? 今の「1kmを8分~8分30秒」のゆっくりペースで走ったとして、24~26分だ。…えっ 25分も走りっぱなし?!

 「ちょ、ちょっと待ってください。まだ早くないですか?」

 なにしろ、運動不足歴20年からのスタートで、10分連続で走れるようになるまで5週間もかかったのだ。3kmなんて、途方もない距離に感じる。

 ひるみまくるカメ。だが、そんな会話を横で聞いていた真鍋コーチが、笑顔で頷いた。

 「いいんじゃないですか? まだ2カ月以上ありますし、3kmは走れる走力は少しずつついていますので、心配ないと思いますよ♪」

 「そ、そうですか?」

 「レースの雰囲気を一度体験してみると、いい刺激になりますよ。私も伴走しますね!」

 なんと! 真鍋コーチが、わざわざこんなヘタレのために伴走してくれるなんて! そこまで言っていただいた以上、逃げ出すわけにはいかない。結局、勢いに任せてその日のうちにエントリーを済ませ、「2カ月後までに3km完走」という新たなハードルに向かって、自主トレをスタートさせることになったのだった。

同じ距離がどんどん楽になる!

 第2回指導日の後、真鍋コーチからこんなメニューを受け取った。

引き続き、ジョグとウォークを組み合わせていきましょう。前回、
10分ウォーク-5分ラン-5分ウォーク-10分ラン-10分ウォーク
…と、トータルで40分できたので、かなり良くなっています。

上記のメニューに物足りなさを感じてきたら、
5分ウォーク-10分ラン-5分ウォーク-15分ラン-5分ウォーク
のような感じで、ラン時間を増やしてのトータル40分でもOKです。

さらにトータル時間を10分ほど追加して、50分ほど動き続けてもよいと思います。たとえば
5分ウォーク-10分ラン-5分ウォーク-15分ラン-5分ウォーク-5分ラン-5分ウォーク
のような形です。

ランの後は汗をかきますので、寒い日はランとランの間のウォーク時間が長くなると体が冷えてしまうので注意してくださいね。その場合は早歩きにするか、もしくはラン時間を増やせそうであれば、増やしてもOKです。

 承知しやした! がんばります!

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.