日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > カメ、初めて「10分」連続で走る!  > 3ページ目
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

カメ、初めて「10分」連続で走る!

第9回 ようやく進歩を実感してやる気倍増! …あの人が来るまでは…

 カメ子=日経Gooday

いつもの補強トレーニングに飽きたら、「だるま腹筋」に挑戦!

 週2回の補強トレーニングとして、本連載では6つのメニューを紹介している(「実践!筋肉プルプル10分トレーニング」)。このうち3つを選んで週に2~3回行うのが基本だが、「やっているうちに、同じメニューでは飽きてしまう人もいると思います。そんな人のために、別のメニューをご紹介しましょう」と真鍋コーチ。

 こちらは、腹筋のアレンジ版。両足を曲げて「体育座り」の姿勢になり、両手で膝を抱えたまま後ろに倒れ、背中がついたら、再びゆっくり起き上がって基本姿勢に戻る。これを連続で30回繰り返す。

だるま腹筋1 回数:30回
(1)体育座りの姿勢から(2)膝を抱えたまま後ろに倒れ(3)背中全体が地面についたら(4)ゆっくり起き上がる。これを30回繰り返す。
[画像のクリックで拡大表示]

 「割と簡単かと思いきや、やっているうちに体が持ち上がらなくなってくる人もいるんですよ」と真鍋コーチ。

 カメ、試しにやってみたところ、これは(珍しく)楽勝!

 「おっ カメさん、できますね。でしたら、こちらもやってみてください」

 先ほどの腹筋の(3)の状態から起き上がり、足が地面につく手前の状態で止まり、そのまま両足を前へ、上体は後ろへ伸ばし、もとの体勢に戻る。足は地面につけずに、再び後ろに倒れて、この動作を繰り返す。5~10回×2セットが基本となるが、「回数よりも形重視でやってみましょう」(真鍋コーチ)。

だるま腹筋2 回数:5~10回×2セット 
(3)後ろに倒れ、(4)起き上がりながら地面に足をつく手前で止まり、(5)そのまま両足を前へ、上体を後ろへ伸ばし、(6)もとの体勢に戻る。足は地面につけずに、再び後ろに倒れて(3)~(6)を繰り返す。5~10回×2セット。
[画像のクリックで拡大表示]

 ぬおおっ これは、かなり難易度が高い! 真鍋コーチのお手本を見ていると、まるでブートキャンプのような体のキレと力強さに惚れ惚れてしまう。腹筋運動は比較的得意なカメも、これは2~3回であえなく挫折…。

 だがこのメニュー、腹筋はかなり鍛えられそうだ。なにより、できるようになったら、かなりかっこいい。補強トレーニングに変化をつけたい方は、ぜひお試しください。

走る前に腕の振りを確認!

 さて、いよいよウォーク&ランだ。

 「今日は、10分ウォーク、5分ランの次のウォークを5分にして、最後に10分ランを入れてみましょうか」(真鍋コーチ)。

 10分間のラン…。自主トレではまだ走ったことのない未知の領域だ。でも、今日はコーチと一緒だから、気合いで乗り切れるような気がする。というか、そのくらいレベルアップしないと、この企画、先に進めないし…(汗)

 走る前に、フォームのワンポイントチェックを受けた。正しいランニングフォームには6つのチェックポイントがあるが(詳しくはこちら)、一度にすべてを意識すると動きがぎこちなくなってしまう。今日は、上半身と下半身をうまく連動させ、リズムの良い走りをするための「腕の振り」を重点的にチェックしてもらった。

 腕振りのポイントは、肩甲骨を動かして、肘をまっすぐ後ろに引くこと。そのとき反対側の肘は前に出るが、あまり出し過ぎると上体が後ろに反り返ってしまうので、肘は脇の下あたりで止める。これを交互にリズミカルに繰り返す。体の前で小太鼓を叩くようなイメージを持つといい。

腕振りの練習
(1)ひじをまっすぐ後ろに引いて(2)前に出す。あまり肘を前方に出し過ぎると上体が後ろに反ってしまうので、脇の下あたりで止める。(3)また後ろに引く。これを左右リズミカルに。
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.