日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > ヘタレランナー、目指すゴールは東京マラソン!
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

ヘタレランナー、目指すゴールは東京マラソン!

第26回 ハーフマラソン後の「燃え尽き症候群」から脱却せよ

 カメ子=日経Gooday

真鍋未央コーチの指導の下、人生初のハーフマラソンを無事完走し、ひとまずプレッシャーから解放されたヘタレランナー・カメ子。次なる目標は、フルマラソン。だが、おかしい。ハーフのときと同じように走っているつもりなのに、距離が伸びないし、スピードも出ない。あのときの絶好調の走りはどこへ?

 皆様、ご無沙汰しております。アラフォーヘタレランナー・カメ子です。

ハーフマラソン後、完全に燃え尽きた?

 初めてのハーフマラソン完走(前回記事「ついにこの瞬間が! ハーフマラソン完走でカメ子号泣」)後、記事の更新が滞ってしまったため、個人的にお目にかかった読者の方からは、「ちゃんとトレーニングしているの?」「フルマラソンはいつ走るんだ」と、突っ込まれること多数…。

 もちろん、トレーニングはしておりました(キリッ)! 今日はその後のトレーニングの様子、そして最終目標についてまとめたいと思います。

ハーフマラソン後、気分はイケイケ、でもペースは上がらず

 ハーフマラソン完走後、まるで生まれたての小鹿のような腰砕け状態になってしまったカメ子だが、2~3日でなんとか普通に階段を上り下りできるまでに回復。その後もゆっくり脚を休め、10日後に自主トレーニングを再開した。真鍋未央コーチのアドバイスに従い、最初は5kmほどの距離を、脚の状態を確かめるようにゆっくりとジョギングしてみた。

 久しぶりのトレーニング。ハーフマラソン完走の余韻が残る中、イケイケの気分で走り出したものの、あれ…?

 たった5kmなのに、やたらと長く感じる。まだ2km?まだ3km?…と、時計をチラチラ。序盤から走行距離が気になるのは、調子が悪い証拠だ。

 次の週末も同じく6kmほど走ってみたが、ハーフマラソンのときと同じ感覚で走っているつもりなのに、思ったほどスピードが出ない。結局、6.11kmを46分、平均ペースは7分32秒/kmという微妙なタイム。ハーフマラソンのときは、13kmの関門くらいまでは、余力を持って7分ジャスト~7分20秒/kmのペースで走れていたのに、おかしいな…。

 ハーフを走れたのは別人だったのだろうか?(´Д`;)

 と思ってしまうほどの調子の悪さ。これってもしかして「燃え尽き症候群」!?

 おそらくレースの時だけは、特別なアドレナリンが放出されたおかげで、こんなヘタレでもなんとか乗り切れたのだろう。すごいな、火事場の馬鹿力って…などと悠長な分析をしている暇はない。フルマラソンに備えて早く調子を上げて、練習で15~20kmを走れるようにならなくては…!

 その次の週末は、途中から左脚の膝の痛みが出てきて、6kmで中止。だが、その次、レースから1カ月後にあたる週末は、なんとか10km超えに成功し、11kmを1時間23分(平均ペース7分33秒/km)で走ることができた。ふう…。ようやく、真鍋コーチにいい報告ができそうだ。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.