日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~  > 自主トレ開始、強気のレベルアップで痛い目に遭う
印刷

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

自主トレ開始、強気のレベルアップで痛い目に遭う

第8回 ついに地元ランナー(ウォーカー?)の仲間入り!

 カメ子=日経Gooday

初回トレーニングを終え、「5分間走ること」の大変さを味わった、ランニング初心者のカメ。真鍋未央コーチのアドバイスを胸に、ついに、自主トレーニングを開始することになった。基本は、これまでご紹介した通り、週1回のランニングと週2~3回の補強トレーニングだ。千里の道も一歩から。行け!行くんだカメ子!(と自分を鼓舞してみる…)

 波瀾万丈だった初回指導日(詳しくは前編「ランニング初日、いきなり準備体操で力尽きる」、後編「初めてのランでフォームを誉められ有頂天!」参照)の後、初めての週末を迎えた。さて、何から始めようか。当初はランニング、と思っていたが、まだ指導日の疲れが抜けない(トホホ…)。そこで、ランニングは後回しにして、補強トレーニングに挑戦してみた。

得意なメニューのみ選んで補強トレ、なんだか懐かしい

 以前ご紹介した6つのメニュー(「実践!筋肉プルプル10分トレーニング」参照)から、比較的やりやすいと感じた「腹筋」「ヒップアップ」「ニーアップ」の3種類をチョイス。それぞれ、一番少ない回数「5回×3セット」をやってみたところ…。

 おっ? これなら、いけるかも?

 自分にとって比較的楽なメニューである上に、5回ごとにセット間休憩(15~30秒)をはさむので、それほど苦ではない。学生時代の部活動を思い出して、なんだか懐かしい気持ちになる。5回×3セットを3種類だと、5分あれば終わる。特に、横になって行う「腹筋」と「ヒップアップ」は、夜、就寝準備がすべて整ってからベッドの上でやると、終わったら“バタンキュー”が可能。心地よい疲れとともに眠りにつくことができて、いい感じ♪

 そこで調子に乗って、次の回の補強トレーニングでは、同じメニューを「10回×3セット」に増やしてみた。だが、そこに立ちはだかったのは、20年の運動不足という高~い壁だった。10回に増やしただけで、トレーニングの負荷は格段にアップし、3セット目に入るころには早くも筋肉痛の気配が…。翌日は、どっと疲れが出て全身が重くなり、仕事の効率も落ちまくってしまった。

 人間の体って正直だ。走る筋肉が全然ないところからのスタートなので、一気に負荷を上げると、とたんに体が悲鳴を上げる。要は、ヘタレらしく、地道にやれってことですね…(。´・ω・`。)

 なお、上記3メニューのほかに、「スクワット」「ランジ」「フロントブリッジ」もチラッとやってみたが、初心者には一段とハードルが高く、早々に挫折した。特に「ランジ」は、踏み出した脚がドシンと着地し、グラグラしてしまって踏ん張りがきかない。「フロントブリッジ」も、体を持ち上げた姿勢をキープできない。これらはもう少し筋力がついてから挑戦した方がよさそう、と判断し、しばらく棚上げにすることに。

 家では、なにやら見慣れないことを始めたカメのそばに子ガメたちが群がってきて、隣で真似をしてはしゃいでいる。お気楽な子ガメたちを見て、いっぱいいっぱいの母ガメは思わずつぶやく。

 「今に見てな、かーちゃんの本気を見せてやっからな!」

遊びじゃないのよ…。(イラスト:やまもと妹子)

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.