日経グッデイ

お腹ぺったんこ呼吸&腸はさみマッサージ

お腹を手ではさむだけ!快便&リラックス マッサージ

手の刺激で便秘ポイントをほぐす「腸はさみマッサージ」

万能のマッサージメソッド「腸はさみマッサージ」。カンタンで、便秘改善効果が高いうえ、リラックス感も得られる。さらに、腸タイプ別マッサージを大公開!

 呼吸法は腸全体に揺さぶりをかけて刺激する方法(「何も使わずたった3分、腸が動いて便秘すっきり!」、「「みぞおち」「あばら」をほぐす呼吸で下腹を凹ます! 」 )だが、マッサージは詰まっている部位をピンポイントに刺激できる。だが、自分の体のどこが詰まっているのかはすぐには把握しにくい。そこで、初心者にぴったりな「腸はさみマッサージ」を試してほしい。

 お腹をはさんで、中央に寄せるような働きで、「刺激しつつも、さするような動きが入っているので、冷え腸など腸の動きが鈍っている場合のほか、ストレスで動きが鈍った腸にも向く」(コロンハイドロセラピストの齊藤早苗さん)。

 また、「一般に腸の曲がり角である2カ所と最終エリアのS状結腸が問題を抱えやすい」と久里浜医療センター内視鏡健診センター部長の水上健さんはいうが、「腸はさみマッサージ」はこれらの部位(下図参照)もきっちり刺激する。

ここに効かせる! 「3つのポイント」
[画像のクリックで拡大表示]

 「トラブルを起こしやすいのは、腸の曲がり角にもあたる3カ所」(水上さん)。このポイントを意識しながら、マッサージをしよう。右側と左側にある一番下の肋骨の下付近、おへそから下の下腹部にかけてが場所の目安となる。

※お腹をマッサージしたときに、下腹部に強い痛みを感じる場合は、婦人科系の臓器に異常がある場合もあるので、不安を感じたら医師の診察を。また、月経痛があるとき、下痢のとき、お腹に痛みがあるとき、妊娠中はマッサージを控えよう。

「腸はさみマッサージ」 腹部全体をほぐす基本マッサージ

 便秘で動きが鈍った腸をほぐすために、「脇腹をさする」「お腹の中心部をもむ」の順序で行う。お腹の中で手の圧がぐぐっと感じられるぐらい、強めに行う。「マッサージは、就寝前と起床直後がいい」(齊藤さん)。トイレで行ってもOKだ!

[画像のクリックで拡大表示]

腸マッサージ(1) 「押しさすり3ステップマッサージ」

 便秘を我慢することが多い人にお勧めのマッサージ。「押す」「さする」を使い、お腹全体に多方向からの動きで刺激を与える。お腹の左側から右側に便を流すように3つのステップでほぐすのがポイントとなる。息は止めないように。朝トイレに行く時間をゆっくりとり、トイレで座って行うといい。

[画像のクリックで拡大表示]

腸マッサージ(2) 「さするだけ4ステップマッサージ」

 ストレスにより腸の働きが悪くなったことが原因で、便秘になった人にお勧めのマッサージ。背中側から始めて、腰やお腹の周りを手の摩擦で温めるようにさすり続ける。「さする刺激とともにお腹に温かみを感じさせることで、高ぶった交感神経を落ち着かせるようにします」(齊藤さん)。

[画像のクリックで拡大表示]

腸マッサージ(3) 「押しほぐし3ステップマッサージ」

 夜遅く食べて、すぐ寝ることを繰り返すことが原因で、腸の調子が悪い人にお勧めのマッサージ。「このタイプの人は、胃や小腸のあたりが硬くなる」(齊藤さん)。胃の周りをほぐしたら、みぞおちの少し下、おへその両脇の順に、指先でツボを押すように強めに押す。ぐいっと指先が入るまで、ほぐそう。

[画像のクリックで拡大表示]

腸マッサージ(4) 「腸揺らしマッサージ」

 もともと腸が捻れている体質の人は、久里浜医療センターの水上健さんが薦める「腸揺らしマッサージ」をあおむけになってやってみよう。「下腹部、左腹部、左の側部の順に、左右や上下にマッサージで小さく揺らすと、ねじれを緩められる。特に腸が動き出す朝食後のマッサージがいい」(水上さん)。

 クッションをお尻の下に置いて行うとさらに効果的。

[画像のクリックで拡大表示]


(写真・スタイリング:NineLives/モデル:下枝 愛/イラスト:三弓素青)

齊藤早苗さん
看護師 コロンハイドロセラピスト
齊藤早苗さん 対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座コロンハイドロセンターで腸内洗浄を行う。
「疲労が原因で便秘になることも。10時か11時、せめてその日中には寝るように。」
水上 健さん
久里浜医療センター 内視鏡健診センター部長
水上 健さん 麻酔を使わずに内視鏡を挿入する技術「浸水法」を開発。腸の形態異常による便秘に詳しい。
「便秘症状が長引いていたり、血便や体重減少があったり、40歳以上の方は念のため一度大腸内視鏡検査を受けられることをお薦めします。」

(出典:日経ヘルス2011年6月号)