日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > お腹ぺったんこ呼吸&腸はさみマッサージ  > お腹を手ではさむだけ!快便&リラックス マッサージ

お腹ぺったんこ呼吸&腸はさみマッサージ

お腹を手ではさむだけ!快便&リラックス マッサージ

手の刺激で便秘ポイントをほぐす「腸はさみマッサージ」

万能のマッサージメソッド「腸はさみマッサージ」。カンタンで、便秘改善効果が高いうえ、リラックス感も得られる。さらに、腸タイプ別マッサージを大公開!

 呼吸法は腸全体に揺さぶりをかけて刺激する方法(「何も使わずたった3分、腸が動いて便秘すっきり!」、「「みぞおち」「あばら」をほぐす呼吸で下腹を凹ます! 」 )だが、マッサージは詰まっている部位をピンポイントに刺激できる。だが、自分の体のどこが詰まっているのかはすぐには把握しにくい。そこで、初心者にぴったりな「腸はさみマッサージ」を試してほしい。

 お腹をはさんで、中央に寄せるような働きで、「刺激しつつも、さするような動きが入っているので、冷え腸など腸の動きが鈍っている場合のほか、ストレスで動きが鈍った腸にも向く」(コロンハイドロセラピストの齊藤早苗さん)。

 また、「一般に腸の曲がり角である2カ所と最終エリアのS状結腸が問題を抱えやすい」と久里浜医療センター内視鏡健診センター部長の水上健さんはいうが、「腸はさみマッサージ」はこれらの部位(下図参照)もきっちり刺激する。

ここに効かせる! 「3つのポイント」
[画像のクリックで拡大表示]

 「トラブルを起こしやすいのは、腸の曲がり角にもあたる3カ所」(水上さん)。このポイントを意識しながら、マッサージをしよう。右側と左側にある一番下の肋骨の下付近、おへそから下の下腹部にかけてが場所の目安となる。

※お腹をマッサージしたときに、下腹部に強い痛みを感じる場合は、婦人科系の臓器に異常がある場合もあるので、不安を感じたら医師の診察を。また、月経痛があるとき、下痢のとき、お腹に痛みがあるとき、妊娠中はマッサージを控えよう。

「腸はさみマッサージ」 腹部全体をほぐす基本マッサージ

 便秘で動きが鈍った腸をほぐすために、「脇腹をさする」「お腹の中心部をもむ」の順序で行う。お腹の中で手の圧がぐぐっと感じられるぐらい、強めに行う。「マッサージは、就寝前と起床直後がいい」(齊藤さん)。トイレで行ってもOKだ!

[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.