日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > お腹ぺったんこ呼吸&腸はさみマッサージ  > 何も使わずたった3分、腸が動いて便秘すっきり!  > 2ページ目
印刷

お腹ぺったんこ呼吸&腸はさみマッサージ

何も使わずたった3分、腸が動いて便秘すっきり!

第1回 腹式呼吸とマッサージで腸を揺さぶる

呼吸とマッサージで腸がスッキリするわけ

1. 深い呼吸は体の内側から腸全体を揺さぶる

 呼吸に合わせてお腹を膨らませたり、へこませたりする「腹式呼吸」をした際のレントゲン写真を撮影した(下図)。通常の呼吸ではほとんど腸は動かなかったが、腹式呼吸だと、横隔膜が大きく動き、それに伴い腸が大きく上下することがわかった。「吸う」と横隔膜に押され腸が下がり、「吐く」と横隔膜に引っ張られて上がった。

[画像のクリックで拡大表示]

2. マッサージは体の外から腸をピンポイントでほぐす

 お腹を手で押したり、揺すっても、腸に刺激は届く。その刺激を感じると、腸は動き出す。呼吸法は主に上下の動きで腸に揺さぶりをかけるが、マッサージは、詰まっていたり、動きの悪い場所にピンポイントに働きかけられる。特に詰まりやすい下行結腸(かこうけっちょう)は左側面にあるので重点的に行おう。

[画像のクリックで拡大表示]


(写真・スタイリング:NineLives/モデル:下枝 愛/イラスト:三弓素青)

齊藤早苗さん
看護師 コロンハイドロセラピスト
齊藤早苗さん 対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座コロンハイドロセンターで腸内洗浄を行う。「疲労が原因で便秘になることも。10時か11時、せめてその日中には寝るように。」
柿崎藤泰さん
理学療法士 文京学院大学 保健医療技術学部 教授
柿崎藤泰さん 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院などを経て現職。専門分野は呼吸器、運動器疾患の理学療法。「あばら骨の間が広がり胸郭が大きく膨らむような呼吸が理想的です。」

(出典:日経ヘルス2011年6月号)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.