日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > タイプ別 冷え解消スープ  > エネルギーと巡らせ力をアップするスープレシピ
印刷

タイプ別 冷え解消スープ

エネルギーと巡らせ力をアップするスープレシピ

後編:「エネルギー不足タイプ」「巡らせ力不足タイプ」

 前編では、「温め力不足タイプ」にぴったりの食材とスープレシピを紹介した。後編では、「エネルギー不足タイプ」「と「巡らせ力不足タイプ」の冷え改善に役立つ食材とスープレシピをご紹介しよう。

エネルギー不足タイプ

根菜とキノコ、鶏肉でエネルギー補給

 胃腸の働きが弱いこのタイプは、エネルギーを増やす“ねばねば根菜”やキノコ、血を増やす貝類、赤や黒の食材を。鶏肉は消化の負担になりにくいのでお薦め。

胃腸をいたわって血を増やす食材
ナッツ類は積極的に! 血を増やすナツメも
 栗のほか、アーモンドやクルミ、松の実などは積極的に取り入れて。赤いものは血を増やすといわれる。ナツメはぜひ挑戦して!
胃腸に負担をかけにくい 鶏肉や豆類、魚介類
 胃腸に負担をかける動物性脂肪が少ない鶏肉、豆類がお薦め。アサリをはじめ、ホタテやイカなどの、血を増やす魚介もいい。
エネルギーを増やす ねばねば根菜
 根菜とキノコはエネルギーを増やす代表的な食材。ヤマイモ、サトイモの“ねばねば”ムチンは、胃の粘膜を保護し、消化を助けてくれる。

鶏手羽のサムゲタン風

ショウガでホカホカ、鶏手羽で肌プリッ!

 干しシイタケと昆布、鶏肉のダシにショウガの力も加わって、温めパワー満点の韓国スープ。具も残さず食べて。ナツメは鉄分が多く、入れると薬膳らしさがぐっとアップ!

  • 1人分 272kcal
  • 塩分 2.0g
材料(2人分)
  • 鶏の手羽先 …… 6本
  • サトイモ …… 中2個(冷凍サトイモなら6個)
  • 干しシイタケ …… 2枚
  • 昆布 …… 10cm角1枚
  • ショウガ …… 1/2かけ
  • ニンニク …… 1個
  • 天津甘栗(そのまま食べられるタイプ) …… 4個
  • ナツメ(料理用、あれば) …… 4個
  • 酒 …… 大さじ1
  • 塩 …… 小さじ1/2
作り方
  • (1) 干しシイタケと昆布は水で戻す。
  • (2) ショウガは、薄切りに、ニンニクは皮をむく。サトイモは皮をむき一口大に切る。
  • (3) 鶏の手羽先は熱湯にさっとくぐらせて臭みを取る。
  • (4) 鍋に(3)を入れ、一口大に切った干しシイタケ、昆布と戻し汁、水を加えて、材料にかぶるぐらいの水加減にする(1~1.2L)。ショウガ、ニンニク、ナツメを加えて強火にかける。酒、塩を加えて沸騰したら、やや弱火にしてアクを取りながら30分ほど煮込む。
  • (5) 天津甘栗を加えてさらに10分ほど煮る。
炊飯器でラクラク
 30分つきっきりで煮るのが面倒ならば、下ごしらえをして栗以外の材料を炊飯器に入れ、普通の炊飯モードで作るとカンタン!
 炊飯器ににおいが残りやすいので、炊飯器の蓋などはよく洗おう。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.