日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > タイプ別 冷え解消スープ  > 世界のスープを手軽に楽しみながら巡りアップ!  > 2ページ目
印刷

タイプ別 冷え解消スープ

世界のスープを手軽に楽しみながら巡りアップ!

前編:「温め力不足タイプ」

温め力不足タイプ

ネギ、ニラで お腹から温める

 体を温める力が弱く、水分をためこんで、むくみやすいこのタイプは、ネギ、ニラ、ニンニクなどの香味野菜と、水分を発散させるショウガで、冷えたお腹から全身を温めよう。

お腹を温めて燃焼力をアップする食材
“水はけ”を良くするスパイス類
 ショウガやコショウは、体を中から温め、水分の代謝と発汗を促す。うまく取り入れるとむくみも解消。唐辛子も七味なら少量ずつ食べやすい。
毎日食べよう鶏肉や豆類
 温める力を上げるたんぱく質を。鶏肉や豆類がお薦め。ラム肉など赤身の肉も温め効果は高いが、食べ過ぎると胃腸の負担に。少量ずつで。
辛み成分が効くネギやニラ
 血行や代謝を高め、消化も促すのがネギやニラ。特にニラはビタミン、ミネラルを豊富に含み、辛み成分が胃液の分泌も促す。

白ネギとひよこ豆のスープ

ほくほくしたひよこ豆とトロトロネギ

 白ネギを大量に刻んで、スープのもとで煮るだけの超シンプルスープ。ネギのとろみとほくほくのひよこ豆に、コショウでアクセント。リーキ(ポロネギ)を見つけたら白ネギとチェンジしてみて!

  • 1人分 222kcal
  • 塩分 1.7g
材料(2人分)
  • 白ネギ(あればリーキ) …… 2本(200g)
  • ひよこ豆(水煮) …… 150g
  • 水 …… 600mL
  • 固形スープのもと …… 1個
  • 酒 …… 大さじ1
  • オリーブオイル …… 大さじ1
  • 塩 …… 小さじ1/4~1/3
  • 粗挽きコショウ …… 適量(たっぷり)
作り方
  • (1) 白ネギは、縦半分に切って小口に切る。
  • (2) オリーブオイルで(1)を炒め、ひよこ豆、水、固形スープのもと、酒を加えて煮る。
  • (3) 沸騰したら蓋をして、20分ほど弱火で煮る。
  • (4) 塩で味を調え、粗挽きコショウを振る。
ひよこ豆は水煮を活用
 ひよこ豆は、サラダ用の水煮、ドライパックや缶詰なら戻す手間いらず。代わりに大豆の水煮でもいいが、ほくほくした食感はひよこ豆ならでは。好みでローリエ1枚を加えてもおいしい。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.