日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > メタボ腹が凹む 1カ月サーキットプログラム  > メタボ改善の第一歩は「キツイ運動を避ける!」  > 2ページ目
印刷

メタボ腹が凹む 1カ月サーキットプログラム

メタボ改善の第一歩は「キツイ運動を避ける!」

中野ジェームズ修一監修! たった5分「1日3メソッド+ストレッチ」で体が劇変【1週目】

体を4つのパーツに分けて集中的に刺激する

 上で紹介した3つの運動を組み合わせながら、さらにメタボ解消に必要な体の筋肉群を4つのパーツに分けて、それぞれを刺激していく。各パーツを見てもらえれば、これまでメタボ腹を引き締めるために床上で反復を繰り返していた「腹筋運動」が、いかにメタボ解消とはどれだけ程遠かったかがお分かりいただけるだろう。

パーツ(1) 胸まわり
[画像のクリックで拡大表示]

 胸部前面の左右を覆う大胸筋(だいきょうきん)は、広い面積を持つ筋肉。主に上腕を押し出すときに働く筋肉だが、トレーニングすると、代謝アップと同時に“男らしい胸板”を形作ることができる。


パーツ(2) 背中全体
[画像のクリックで拡大表示]

 体の背面は首から腰までの長い距離に、比較的大きい複数の筋肉が縦横に走っている。ダイナミックな動きが可能となって、脂肪燃焼に役立つだけでなく、猫背の予防・解消にもなる。


パーツ(3)(4) 太ももの前部と後部
[画像のクリックで拡大表示]

 殿部(でんぶ) から、下肢は太く大きな筋肉が密集し、この部位だけで全身の筋肉の約70%の割合を占めるといわれている。それゆえ、筋量を増やせば、基礎代謝の増加率も高くなる。


RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.