日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 独自センサーでランニング中にウエスト引き締め、パナソニック
印刷

独自センサーでランニング中にウエスト引き締め、パナソニック

 近藤 寿成=スプール

出典:日経デジタルヘルス 2015年6月15日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

EMSエクササイズ機器「ビューティトレーニング」
[画像のクリックで拡大表示]
ビューティトレーニングの装着イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは、ウエストの筋肉を効率よく引き締める20~30代女性向けのEMS(Electric Muscle Stimulation:電気的筋肉刺激)エクササイズ機器「ビューティトレーニング」(ラン・ウォーク用ウエスト、型番:ES-WB60)を発表した。価格はオープン、2015年9月21日に発売する。

 ビューティトレーニングは、久留米大学医学部 志波直人主任教授の研究グループが進めてきた「ハイブリッドトレーニング」とパナソニック独自の「センシング技術」を採用。体側に装着した「ボディモーションセンサー」で身体のひねり動作を検出し、伸びる筋肉に負荷(電気刺激)をかけることで筋肉を効率的に引き締められる。これにより、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動をしながら同時にウエストの筋力を鍛えることが可能になる。

 「ラン」「ウォーク」「ツイスト」の3つに分かれたハイブリッドトレーニングモードを搭載。「腹部(骨盤)の動き」や「筋肉が動く速度」に応じて、各エクササイズに適したタイミングで伸びる筋肉に電気刺激をかける。

 目立ちにくいデザインのサポーターは水洗いに対応。ウエストへ巻いた後に「増し締めベルト」でさらに身体へフィットできるほか、背面には運動中にコントローラーを固定できるホルダーを備える。

 充電式のリチウムイオン電池を内蔵し、充電時間は約1時間。連続使用時間は1回のフル充電で約3回(1回約30分)。サイズはS/M/Lの3つから選べる。

この記事は、日経デジタルヘルスからの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.