日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > ソニーの電子お薬手帳サービス「harmo」が札幌市でスタート
印刷

ソニーの電子お薬手帳サービス「harmo」が札幌市でスタート

 近藤 寿成=スプール

出典:日経デジタルヘルス 2015年5月25日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

harmoの利用イメージ

 ソニーは電子お薬手帳サービス「harmo(ハルモ)」の試験サービスエリアを2015年5月から拡大し、札幌市手稲区の医療機関での提供を開始した。

 harmoは、非接触ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」を使い、薬局などで調剤された薬の履歴データなどをクラウドサーバー上で電子的に管理するサービス。FeliCaチップが埋め込まれたカードを薬局の端末にかざすだけで、調剤履歴の閲覧や調剤情報を記録することが可能だ。利用者はスマートフォン用の専用アプリから調剤情報を閲覧できるほか、服薬後の副作用やアレルギーなども記録できる。

 札幌市手稲区における提供は、札幌市の「手稲区保健情報連携システム検討会」と連携する。同検討会は、札幌薬剤師会手稲支部、札幌市医師会手稲区支部、札幌歯科医師会手稲支部、札幌市手稲区役所、札幌市消防局手稲消防署および北海道薬科大学の理解・協力のもとに委員が構成される。ソニーは賛助委員、手稲渓仁会病院は事務局として参画。地域住民の保健、医療、福祉の向上に寄与することを目的に、医療機関や行政機関などの情報連携について研究・検証する。

 harmoは神奈川県川崎市で初導入された。現在では全国で290を超える薬局が導入しており、利用者は約1万1800人に拡大。2015年6月からは、東京都世田谷区の薬局や東京都文京区の水野薬局にも試験サービスが提供される予定だ。

この記事は、日経デジタルヘルスからの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.