日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 術後死亡した11例の検証を受け病院長らが謝罪  > 2ページ目
印刷

術後死亡した11例の検証を受け病院長らが謝罪

千葉県がんセンター腹腔鏡手術事故

 土田 絢子=日経メディカル

出典:日経メディカル 2015年3月31日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

背景に「風通しの悪い」組織体制

 報告書案が11例で数多くの問題点が発生した背景の一つとして指摘したのは、風通しの悪い組織体制だ。

 千葉県がんセンターの消化器外科は肝胆膵グループと消化管グループに分かれ、合同カンファレンスは行っていたものの、実質的には各グループで方針を検討していた。部長は経験が少ないことから、肝胆膵領域の高難度手術は主治医に任せ、術式決定についても深入りしてのディスカッションをしていなかった。

 また、2013年には2事例の報告を受け、センター長が設置した事故調査委員会が、「適応外の腹腔鏡下膵切除術を再開するには倫理審査委員会の承認が必要である」「患者へのインフォームドコンセントではメリット・デメリットを示して記録を保存する」―などの具体的な提言を行っていたが、センター内でその内容が周知されず、対応策は実施されなかった。また、この内容について遺族への説明はなく、公表もされなかった。

 第三者検証委員会は、これについて「組織的に隠ぺいが意識されているという風に受け止められかねず、その後の外部通報への発端となったとも考えられる」とした。なおここで言う「外部通報」は、千葉県がんセンター元職員の女性麻酔科医が消化器外科の再手術の多さや歯科医師による全身麻酔について告発した件を指す。告発は、2014年にマスコミで大きく取り上げられた。

 第三者検証委員会は、千葉県がんセンターに対する今後の提言として、組織の指揮命令系統の明確化、倫理審査やカンファレンスによる検討体制の強化、チーム医療体制の強化、インフォームドコンセントの標準化、セカンド・オピニオンを確保しやすい環境整備―などを挙げた。

この記事は、日経メディカルからの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.