日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 術後死亡した11例の検証を受け病院長らが謝罪
印刷

術後死亡した11例の検証を受け病院長らが謝罪

千葉県がんセンター腹腔鏡手術事故

 土田 絢子=日経メディカル

出典:日経メディカル 2015年3月31日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

会見で説明する千葉県病院局長の矢島鉄也氏。

 千葉県がんセンターの腹腔鏡下手術による術後死亡を検証した第三者検証委員会は3月30日、報告書案を発表した。検証したのは2008年~2014年に消化器外科の腹腔鏡下手術を受け術後短期間で死亡した11例だ。保険を適用できない高難度手術を多く含むにもかかわらず、倫理審査委員会に諮っていない、診療科内における討議や組織間の情報共有が不十分、患者へのインフォームドコンセントが十分になされていない―など数多くの問題を指摘した。第三者検証委員会の委員長を務める多田羅浩三氏(日本公衆衛生協会会長)は、「新しい医療の追及はがんセンターの使命であるが、倫理審査委員会に諮って医療体制を整えることが決定的に重要。多くの事例でそうした整備が行われず、医師の独断が先行した」と主要な問題点を語った。

 報告書案の発表を受け、千葉県がんセンター病院長の永田松夫氏や千葉県病院局長の矢島鉄也氏らは記者会見を同日開催。「報告書案の内容を真摯に受け止め深く反省し、再発防止に努め、県民に安全で安心できる医療を提供できるよう取り組んでいきたい」(矢島氏)と謝罪した。

 なお、千葉県がんセンターでは、3月19日にも消化器外科でカテーテル治療後の死亡事例が発生し、新たな院内調査委員会が立ち上がったところ。その結果も踏まえて最終報告書を作成するが、ほぼ内容が固まったことを受けて今回、報告書案の発表に至った。

 検証された11例の術式は、腹腔鏡下で行われた膵頭十二指腸切除術3例、膵体尾部切除術1例、肝外胆管切除術1例、肝部分切除術2例、肝左葉切除術1例、胆管切除術・胆嚢切除術・胆管空腸吻合術1例、胃全的術1例、幽門側胃切除術1例だ。うち8例は肝胆膵領域を専門とするA医師が担当した。

 医学的な検証を行った日本外科学会によると、A医師は腹腔鏡下手術において一般術者と同等かそれ以上のレベルを有し、全国的にもリードする実績を持っていた。しかし、A医師による事例の多くは保険適応外であったが倫理審査委員会に諮っていなかった。また、極めて難易度の高い手術を腹腔鏡下で行い、無理な自動吻合器使用による血管壁の損傷や、再建挙上空腸のうっ血、重要脈管の誤認による切離などがあり、合併症や死亡に何らかの関連を有した可能性があった。

 千葉県がんセンターにおける膵頭十二指腸切除術の30日以内死亡率(2006~2013年度)は、開腹手術で0.41%(1/245例)、腹腔鏡下手術では6.2%(4/65例)と、腹腔鏡下のリスクが非常に高かった。A医師は、3月19日の死亡事例になったカテーテル治療も担当していたため、3月24日以降、病院長は診療行為を停止させた。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.