日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 手術中にがんだけを光らせるスプレー、東大が開発  > 2ページ目
印刷

手術中にがんだけを光らせるスプレー、東大が開発

 大下 淳一=日経デジタルヘルス

出典:日経デジタルヘルス 2015年3月16日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

マウスで転移がんの検出と切除に成功

 検証実験では、さまざまなタイプの卵巣がん細胞を腹腔に転移させたモデルマウスにこの試薬を投与。1mm以下の微小ながんを高精度に検出できた。加えて、gGlu-HMRGでは検出が難しいタイプを含む、多種類のがん細胞を検出できた。蛍光は非常に明るく、肉眼での観察が可能だったという。生きているモデルマウスの腹腔内微小がんを蛍光内視鏡で検出し、試薬の蛍光を目印とするがんの切除にも成功した。

 今回の技術は蛍光の検出に安価な装置を使えることから、がん検出の一般的な手法になり得ると研究グループは見る。患者由来の外科手術サンプルを使った検証実験を進めており、安全性試験などを経て、臨床試験への適用を目指す。

 糖鎖分解酵素の活性が促進されていることは、多くのがんで知られている。今回開発した試薬は分子内に糖構造を含み、それを他の糖に入れ替えることで、多くの種類の糖鎖分解酵素の活性を検出できるという。この特徴を生かし、さまざまな種類のがんへの適用拡大を狙う。

 今回の研究は、米国国立衛生研究所(NIH) 主任研究員の小林久隆氏および京都大学 化学研究所 教授の平竹潤氏の協力を得て実施した。研究成果は2015年3月13日付の英科学誌「Nature Communications」のオンライン速報版に掲載された(掲載ページ)。論文タイトルは「Sensitive β-galactosidase-targeting luorescence probe for visualizing small peritoneal metastatic tumours in vivo」(微小な腹腔内転移がんを可視化する高感度なβ-ガラクトシダーゼ蛍光プローブ)。

この記事は、日経デジタルヘルスからの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.