日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Intelが発売したての腕時計型端末「Peak」を披露
印刷

Intelが発売したての腕時計型端末「Peak」を披露

運動や睡眠を詳細に解析

 大下 淳一=日経デジタルヘルス

出典:日経デジタルヘルス 2014年11月18日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

Peakとそのスマホアプリ画面
[画像のクリックで拡大表示]
SMS Audio BioSport In-Ear Headphones
[画像のクリックで拡大表示]
LED式脈拍センサーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intel社日本法人のインテルは2014年11月14日、開発中の製品や技術などを紹介する報道機関向けイベント「インテル フューチャー・ショーケース 2014」を東京都内で開催した(リリース)。この中で、Intel社が2014年3月に買収した米BASIS Science社が同年11月に米国で発売した、腕時計型の健康管理端末「Peak」を披露した(関連記事)。

 今回のイベントは2014年5月の欧州に始まり、北米や中南米など世界各地で開催。アジアでは日本を皮切りに台湾、シンガポールで開催する。このイベントでは、製品化済みまたは開発中の製品や技術を「Today」「Tomorrow」「Future」という3つのカテゴリーに分けて紹介。TodayはIntel社製プロセッサーを搭載したタブレット端末や無線映像伝送技術「WiDi」などの現行技術、Futureは自動車でのパーソナルエクスペリエンスなどの将来技術といった具合だ。

 ワイヤレス給電などとともに、「Tomorrow」のカテゴリーで紹介したのがウエアラブル端末である。そのうちの1つがPeak。BASIS Science社が「Basis band」の呼称で販売してきた腕時計型端末の最新版だ。

脈拍を測れるイヤホンも

 Peakは“ultimate fitness and sleep tracker(究極の運動/睡眠トラッカー)”をうたう製品で、運動や睡眠を可視化する4種類のセンサーを内蔵する。3軸加速度センサー、LED式脈拍センサー、皮膚温センサー、ガルバニック皮膚反応(Galvanic skin response)を用いた湿気センサーである。これらを単独または組み合わせて歩数や移動距離、消費カロリー、脈拍数、睡眠状態などを測定。Bluetooth Smart経由でスマートフォンと連携し、データを管理する。ノンレム睡眠とレム睡眠の区分などを含む、睡眠状態に関する詳細な情報を得られることが訴求点の1つだ。現時点で日本での発売予定はない。

 ウエアラブル関連ではこの他、LED式脈拍センサーを搭載したイヤホン「SMS Audio BioSport In-Ear Headphones」を紹介した(関連ページ)。オーディオ機器のアクセサリーを手掛ける米SMS Audio社とIntel社が共同開発したもので、音楽を聴き、運動をしている間にその間の脈拍数を測定できる。2014年内の発売を見込む。

 これらのウエアラブル端末には「我々のシリコン(SoC)は載せていないが、ノイズキャンセリングなどのソフトウエア技術に独自の知見を盛り込んだ。ウエアラブルやヘルスケアの領域ではこのように、我々が提供する技術の範囲を従来よりも広く定義する。もちろん、SoCも提供していくつもりだ」(Intel社)。

この記事は、日経デジタルヘルスからの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.