日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 東芝がヒト型ロボットを開発、2020年の福祉・ヘルスケアに向ける
印刷

東芝がヒト型ロボットを開発、2020年の福祉・ヘルスケアに向ける

まずは案内係用ロボットとして2015年度に実用化

 大下 淳一=日経デジタルヘルス

出典:日経デジタルヘルス 2014年10月6日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

東芝が開発したヒト型ロボット
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は、人間らしい容姿をし、腕や手も自然な動きをするコミュニケーションロボットを開発した(リリース)。まずは、受付窓口や展示会の案内係用ロボットとして2015年度に実用化する計画。将来的には、福祉やヘルスケア分野での活用を目指すという。「CEATEC JAPAN 2014」(2014年10月7日~11日、幕張メッセ)に参考展示する。

 開発したのは、肌の質感や目の動きなどが人間らしく、親しみを感じさせる人間型ロボット。お辞儀や簡単な挨拶、手話などの動作を行える。2020年には、同社のセンサー技術や音声合成・認識技術、ロボットメカ制御技術などを組み合わせて、福祉・ヘルスケア分野に活用することを計画している。具体的には、高齢者・認知症患者の話し相手や遠隔カウンセラー、手話ロボット、高齢者見守りロボットなどの用途である。

 今回のロボットは、エーラボ、大阪大学、芝浦工業大学、湘南工科大学と共同開発した。東芝が産業用ロボット分野で培った技術を生かし、43カ所の駆動装置が滑らかに動く多関節ロボットの動作アルゴリズムを開発。これに、芝浦工業大学と湘南工科大学のロボット駆動技術やモーションセンサーによる動作教示技術、エーラボと大阪大学の人間らしい容姿・表情づくりの技術を組み合わせた。これらにより、上半身が自然に動く、生身の人間らしい質感をしたロボットを実現した。

 東芝は、グループ内の技術を融合し、広い領域に活用する「ニューコンセプトイノベーション」を推進中。この一環として、同社グループが持つ技術資産を結集したロボットを開発していく考えだ。

この記事は、日経デジタルヘルスからの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.