日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 厚労省が患者申出療養の枠組み案
印刷

厚労省が患者申出療養の枠組み案

来年の通常国会への法案提出に向けて中医協に提示

 豊川琢=日経ヘルスケア

出典:日経メディカル 2014年10月6日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 厚生労働省は11月5日、中央社会保険医療協議会(中医協)(会長:国立社会保障・人口問題研究所所長の森田朗氏)の総会を開催し、「患者申出療養(仮称)」の枠組み案を示した。委員間で詳細な部分について意見に相違があったものの大筋で合意。厚労省は10月7日の社会保障審議会・医療保険部会で同案を提示し、了承が得られれば、来年の通常国会に法案を提出したい考えだ。

保険外併用療養費制度の新たな仕組み

 「患者申出療養」は、今年6月に政府の規制改革会議が答申に盛り込んだもの。保険外併用療養費制度の新たな仕組みとして創設する予定で、困難な病気を患う患者からの申し出を基に、国内未承認薬や適応外の医薬品を従来よりも迅速に保険診療と併用できるようにする。将来の保険収載を目指すことが前提のため、明らかに疾病などの治療とは言えないものを除いて、一定の安全性・有効性を確認できるものは対象とする方針だ。

 厚労省が示した枠組み案では、患者申出療養として初めて行う(前例のない)治療の場合、患者は臨床研究中核病院あるいは窓口機能を持つ特定機能病院に申し出る。特定機能病院については、その申し出を受けて臨床研究中核病院に共同研究の実施を提案。申し出に先立ってかかりつけ医などは、患者が治療の安全性や有効性を理解できるよう支援する。臨床研究中核病院などが患者の申し出た治療ができない場合は、対応可能な医療機関に紹介する。

 その後、臨床研究中核病院が治療の実施が可能と判断したら、治療の実施計画や安全性・有効性のエビデンスなどの書類を国に提出。国は、有識者会議においてこれら書類の妥当性を検証し、原則6週間で治療実施の可否を判断する。医学的な評価が分かれるなど、6週間で判断できない場合は全体会議を開催して審議する。

 国が実施可能と判断すれば、患者から申し出を受けた臨床研究中核病院や特定機能病院で治療。患者の身近な医療機関でも、最初から協力医療機関として申請されていれば実施できるようにする。

 最終的に患者申出療養の対象となった医療や実施できる医療機関名はウェブサイトで公開するほか、国は少なくとも年1回、臨床研究中核病院から実績などの報告を求めることとした。

対象となる医療のイメージは3タイプ

 一方、患者申出療養として既に前例があるものに関しては、臨床研究中核病院が国の示す指針を基に、実施を予定している医療機関の体制を個別に審査。申請から2週間で実施の可否を判断する。厚労省は、患者申出療養を手掛けられる協力医療機関をできるだけ拡大するよう臨床研究中核病院に要請する方針だ。また、実施計画対象外の患者からの申し出については、臨床研究中核病院が安全性や倫理性を検討した上で国に申請し、国が有識者会議を開いて個別に判断する。

 同省は同日の会議で、患者申出療養の対象となる医療のイメージも提示。(1)先進医療の実施計画対象外の患者に対する療養、(2)先進医療として実施されていない療養、(3)現在行われている治験の対象とならない患者に対する治験薬などの使用――を挙げた。

 同省の案を受けて委員間で意見が割れたのは、患者申出療養の「前例がある」と見なす判断基準。慶應大学総合政策学部教授の印南一路氏が、「国が申請を承認した時点」としたのに対し、日本医師会副会長の中川俊男氏は、「承認をした上で治療が実施された時点にすべき」と主張した。

 こうした課題に加えて、副作用が発生した際の対応といった詳細な運用面に関しては、制度が施行されるまでに中医協で議論していく予定。同日の会議ではこのほか、「患者申出療養という名称だと、有害事象などが起きた際に患者に責任があると受け取られる」(日本労働組合総連合会総合政策局長の花井圭子氏)といった声が上がった。

この記事は、日経メディカルからの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.