日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > まつ毛を伸ばし濃くする睫毛貧毛治療薬が登場  > 2ページ
印刷

まつ毛を伸ばし濃くする睫毛貧毛治療薬が登場

自由診療下での提供、1本2万円前後が相場

 小板橋律子=日経メディカル

出典:日経メディカル 2014年10月30日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

東京ミッドタウン皮膚科形成外科クリニックNoageの今泉明子氏は、「癌化学療法後の患者さんでは、まつ毛がほぼなくなってしまうが、この治療により元の状態に戻るのが早くなる」と語る。

 国内で行われた臨床試験の結果では、ビマトプロスト投与開始2カ月後から改善を自覚する被験者が有意に増加しており、4カ月後には、8割弱でまつ毛の長さ・濃さが改善していた(図1)。

 同薬剤がどのような機序でまつ毛の成長を促進しているのかその詳細は不明だが、毛周期における成長期を延長することで成長を促進すると考えられている。まつ毛は頭髪と比べて成長期が短く、頭髪が2~6年の成長期を有するのに比べて、まつ毛の成長期は1~2カ月と考えられている。加えて今泉氏は、「休止期から成長期への移行を促進している可能性もある」と語る。

 海外で行われた臨床試験において、副作用の発現率は約25%だった。主な副作用には、結膜充血、眼瞼掻痒、眼瞼紅斑、点状角膜炎、皮膚色素過剰などがある。ビマトプロストは、付着部位に色素沈着を生じるなど、適正に使用しないと副作用を生じるリスクがある。グラッシュビスタには、薬剤を上眼瞼辺縁部の睫毛基部に塗布する専用のブラシ(アプリケータ)が添付されており、不要な部位への薬剤付着を防ぐ工夫がされている(前ページ写真1、2)。

 まつ毛は生え替わるため、使用を中断すれば、伸びたまつ毛はまた短くなる。今泉氏は、「中止後2カ月程度は効果が持続していると感じるかもしれないが、それ以上中断するとまつ毛が抜け、短くなるだろう」と話す。まつ毛を長くした場合は基本的に継続して使用する薬剤との認識だ。

図1◎ 特発性睫毛貧毛症における睫毛の変化(承認時評価資料、図2とも)
睫毛の長さや太さなどから4段階で評価(GEA-Jスケール)したところ、投与開始2カ月後から有意差が認められた。GEA-Jスケールで2以上の改善を示す患者もビマトプロスト群で有意に多かった。
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.