日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > エボラ、米国の疑い例2例目は陰性
印刷

エボラ、米国の疑い例2例目は陰性

1例目は死亡、経過観察中の48人に異常はなし

 三和 護=日経メディカル

出典:日経メディカル 2014年10月10日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 米国で2例目となるエボラウイルス疾患(エボラ出血熱)の疑い例は、検査の結果、陰性だったことが分かった。入院先のTexas Health Presbyterian Hospitalが現地時間の10月9日に発表した。

 2例目の患者はテキサス州ダラス郡保安官事務所に勤務する副保安官で、米国で確認された1例目の患者とは接触歴がなかったが、この患者が滞在していたアパートを職務で訪れていた。

 病院の発表によると、疑い例2例目の患者は、現地時間の10月8日午後、エボラウイルスへの曝露の可能性を病院に連絡した後に、同病院の救急治療室に入院した。診察の結果、患者には発熱、嘔吐、下痢などの初期段階のエボラ出血熱の症状が認められず、エボラウイルスの検査の結果は陰性だった。患者は10月9日夕刻に退院した。

 同じ病院で治療を受けていた米国で初めて確認された患者は10月8日朝、死亡した。病院は声明を発表。患者の死を悼むとともに、人種や経済的背景から米国人患者の場合の治療と差があったのではないかなどとする批判に対しては、完全にこれを否定した。また、開発中の抗ウイルス薬であるBrincidofovirを含む治療を行ったことも明らかにした。

 なお、米CDCによると、10月9日現在、最初の患者と接触歴のあった10人と接触の可能性のあった38人の計48人が経過観察を受けている。これまでのところ異常は認められていないという。

この記事は、日経メディカルからの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.