日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > エボラ、米国の疑い例2例目は陰性
印刷

エボラ、米国の疑い例2例目は陰性

1例目は死亡、経過観察中の48人に異常はなし

 三和 護=日経メディカル

出典:日経メディカル 2014年10月10日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 米国で2例目となるエボラウイルス疾患(エボラ出血熱)の疑い例は、検査の結果、陰性だったことが分かった。入院先のTexas Health Presbyterian Hospitalが現地時間の10月9日に発表した。

 2例目の患者はテキサス州ダラス郡保安官事務所に勤務する副保安官で、米国で確認された1例目の患者とは接触歴がなかったが、この患者が滞在していたアパートを職務で訪れていた。

 病院の発表によると、疑い例2例目の患者は、現地時間の10月8日午後、エボラウイルスへの曝露の可能性を病院に連絡した後に、同病院の救急治療室に入院した。診察の結果、患者には発熱、嘔吐、下痢などの初期段階のエボラ出血熱の症状が認められず、エボラウイルスの検査の結果は陰性だった。患者は10月9日夕刻に退院した。

 同じ病院で治療を受けていた米国で初めて確認された患者は10月8日朝、死亡した。病院は声明を発表。患者の死を悼むとともに、人種や経済的背景から米国人患者の場合の治療と差があったのではないかなどとする批判に対しては、完全にこれを否定した。また、開発中の抗ウイルス薬であるBrincidofovirを含む治療を行ったことも明らかにした。

 なお、米CDCによると、10月9日現在、最初の患者と接触歴のあった10人と接触の可能性のあった38人の計48人が経過観察を受けている。これまでのところ異常は認められていないという。

この記事は、日経メディカルからの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイントNEW

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.