日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > おもながんの検査  > 悪性リンパ腫

おもながんの検査

悪性リンパ腫

あくせいリンパしゅ

手順

①血液検査

  ▼

②超音波/CT/MR /ガリウムシンチ/PET-CT

  ▼

③リンパ節の生検(病理検査)

  ▼

④リンパ管造影

 白血球の一種であるリンパ球ががん化する病気で、それがリンパ節や扁桃(へんとう)、脾(ひ)臓などの全身のリンパ組織で増殖してリンパ腫をつくります。造血器のがんの中では発生数が最も多く、白血病よりも多くなっています。腫瘍組織の違いから、ホジキン病と非ホジキンリンパ腫に分かれ、非ホジキンリンパ腫はさらに細かく分類されます。

●おもな症状

 初発部位は頸(けい)部(首)が最も多く、リンパ腫が触れるようになります。わきの下や鼠径(そけい)部などのリンパ節にも出やすいのですが、体の奥のほうでは気づきにくいです。その他、貧血、全身倦怠(けんたい)感、免疫力の低下から感染しやすくなるなどがあります。

血液検査と病巣の細胞診で診断

 血液検査では血液一般検査、凝固・線溶検査のほか、悪性リンパ腫細胞の検出が行われます。さらに、大きくなったリンパ節やリンパ組織に針を刺し、細胞を吸引して細胞診がなされます。ここで悪性リンパ腫の診断がつきます。くわしい分類のためには、病巣を試験切除して病理検査を行います。

 最近では、モノクローナル抗体を使った細胞表面マーカーの検索によっても種別の判定が可能になりました。

 病気の広がり具合をみるためには、PET-CT(参照)が威力を発揮し、リンパ管造影や超音波、CT、MR(参照)なども利用されます。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.