日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > おもながんの検査  > 脳腫瘍

おもながんの検査

脳腫瘍

のうしゅよう

手順

①頭部CT/MR/PET-CT

  ▼

②頭部血管造影

 脳腫瘍はその発生部位から、脳の実質内に発生するものと脳の実質外に発生するものとに分けられます。脳実質内に発生する腫瘍のほとんどが悪性で、神経膠腫(こうしゅ)(グリオーマ)、髄芽腫(ずいがしゅ)、胚(はい)細胞腫などがあります。脳実質外に発生する腫瘍としては、髄膜(ずいまく)腫、下垂体腺腫、脳神経鞘腫(しょうしゅ)などがあり、ほとんどが良性です。

●おもな症状

 腫瘍があることによる頭蓋(ずがい)内圧の亢進(こうしん)症状として、頭痛、吐き気など。さらに、腫瘍が発育したり圧迫する部位の脳機能低下による片まひ、失語症、記憶障害、脳神経まひなどが現れます。

問診とCT、MRでほとんどわかる

 何らかの症状を訴えて受診した場合、専門医が問診すれば、ある程度の見当がつきます。脳腫瘍が疑われた場合は、頭部CT(参照)やMR(参照)がスクリーニング(ふるい分け)検査として行われます。ほとんどはこの段階で腫瘍の有無を判別することが可能です。

 また、造影剤を使ったCTと使わないCTの画像を比較することで、その腫瘍の性質や広がり具合も診断することができます。その他、頭部血管造影(参照)によって血管の様子を観察し、診断することも重要です。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.