日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもながんの検査  > 膵臓がん

おもながんの検査

膵臓がん

すいぞうがん

手順

①血液検査(膵臓由来の酵素)/腫瘍マーカー

  ▼

②腹部超音波

  ▼

③CT/MR(MRCP)/PET-CT

  ▼

④逆行性膵(胆)管造影

  ▼

⑤腹部血管造影

 膵(すい)臓がんは、発生数および死亡数とも増加傾向にあります。発生数の増加は、画像診断の進歩によって発見される確率が上がってきているという側面も示しています。以前から、発見・治療ともに難しいがんの代表といわれてきましたが、早期発見できたものについては長期生存できる症例も増えてきています。

●おもな症状

 無症状のことも少なくありませんが、おもな初発症状としては、腹部や腰背部の疼痛(とうつう)、食欲不振、体重減少、黄疸などです。これらは他の消化器疾患の一般的症状と同じであるため、鑑別を難しくしています。

診断は難しいが、多くの検査法を組み合わせて工夫

 スクリーニング(ふるい分け)の検査として、まず血液検査で膵臓由来の酵素(アミラーゼリパーゼなど)をチェックします。ただし、病態によっては高値を示さないこともあります。

 腫瘍マーカー(参照)も各種あって、CEAやCA19-9などを組み合わせることで診断率は向上しています。早期がんでは陽性率は低いのですが、進行がんではCA19-9が60~80%で陽性になります。

 画像診断としては、まず腹部超音波(参照)を行います。膵臓は体の後方にあるため診断は難しいのですが、解析能力が高まったこともあり、膵臓がんの約半数は腹部超音波で発見されています。

 さらに、腹部CT(参照)やMR(MRCP参照)などが試みられます。CTの場合、通常のスライス幅では2㎝以下の病変をみつけることは難しく、胆管や膵管の拡張などの間接的な所見も重要です。そこで、CTの特殊型のヘリカルCTやダイナミックCT、PET-CT(参照)などの最新技術を併用して、発見率を高める工夫がなされてきています。

 MRはがんの有無だけでなく、その進展の具合や質的な診断に有用です。MR検査では、膵管を特別に処理(抽出)するMRCP検査も行われています。

さらに高度な造影検査も

 以上の検査で膵臓がんが疑われたら、逆行性膵(胆)管造影(参照)や腹部血管造影(参照)が行われます。逆行性膵(胆)管造影は小さながんに対しても、他の検査法より高い所見率を示しています。さらに続けて、病変の一部を採取する生検や膵液細胞診を実施できるので、確定診断に重要です。

 また、血管造影では、血管のさまざまな変化(閉塞、屈曲、不整など)を確認でき、手術適応の判断などに有用です。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.