日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > おもながんの検査  > 胃・十二指腸がん

おもながんの検査

胃・十二指腸がん

い・じゅうにしちょうがん

手順

①上部消化管X線造影/腫瘍マーカー

  ▼

②上部消化管内視鏡/生検(病理診断)

 下に示した検査項目はおもなものを示してあります。また手順は、症状やがんの状態などによっては順序がかわることがあります。以下同様。

 胃がんは日本人の男女ともに多くみられるがんのひとつです。最近では早期がんでみつかるケースが全胃がんの約半数に達していて、死亡率は徐々に下がってきています。

●おもな症状

 現在は半数近くが、検診などで早期の無症状のうちにみつかっています。症状としては、併発した潰瘍などによる心窩部(しんかぶ)痛(みぞおちあたりの痛み)や吐血、下血、貧血など。

X線造影と内視鏡の組み合わせで診断

 胃と十二指腸は検査の手順が同じなので、一括してとり上げます。

 まず、最初に行われるのが上部消化管X線造影(参照)、いわゆるバリウム検査で、集団検診でもこの方法がとられています。このX線造影だけでも、かなりの症例で診断が可能ですが、通常は上部消化管内視鏡(胃カメラ参照)も併用して判断していきます。

 発見・治療が難しいスキルス性のがん(硬性がん)をみつけるには、内視鏡よりもX線造影のほうが有効とされています。これは、この型のがんが胃の粘膜(胃の内側のほう)にできるがんではなくて、外側に進展するがんのためです。なお、スキルス性のがんは若い女性に多く発生します。

 胃がんの腫瘍マーカー(参照)としては、CEA、CA19-9などががんの進行度や悪性度の判定の参考として使われています。

内視鏡とともに生検を行って確定

 最近は内視鏡が進歩し、ファイバースコープ自体が細くなって、患者さんにそれほど苦痛を与えることがなくなってきたため、最初から内視鏡でチェックする場合が多くなっています。

 内視鏡でがんを疑うような病変をみつけたときは、内視鏡下で病変を少し採取し(生検(せいけん)という)、病理検査を行って確定診断します。

 内視鏡が胃がん診断の最終検査ですが、近年、内視鏡と超音波を組み合わせた超音波内視鏡(EUS)の検査も行われ始めました。この検査は、胃がんと診断されたのち、がんが胃壁の中にどのくらい深くまで浸潤(しんじゅん)しているかを調べる目的で行われます。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.