日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:腫瘍マーカーの検査  > 肺がんマーカー

おもな検体検査:腫瘍マーカーの検査

肺がんマーカー

はいがんマーカー

基準値

 シフラ………3.5ng/ml(EIA法)

 SCC  ………1.5ng/ml(EIA法)

 NSE  ………10ng/ml

 ProGRP………46pg/ml

 SLX  ………38U/ml

 肺がんのマーカーとしては、シフラ(サイトケラチン19)とSCC(扁平上皮がん関連抗原)、NSE(神経特異エノラーゼ)、ProGRP(ガストリン放出ペプチド前駆体)、SLX(シアリルSSEA-1抗原)が測定されています。

 肺がんは、組織学的には扁平上皮がん、腺がん、小細胞がんに分類されますが、シフラとSCCは扁平上皮がん、NSEとProGRPは小細胞がん、腺がんにはSLXが特異的とされています。

●シフラ(サイトケラチン19)

 サイトケラチンは、上皮性細胞に広く存在しています。そのうちの19フラグメントは、正常でも上皮細胞にごく微量存在しますが、肺(気管支)とくに扁平上皮がんで大量かつ高率に検出されます。

 しかし、肺がん以外でも咽頭炎、気管支炎、肺結核、皮膚疾患、慢性肝疾患、腎不全などでも検出されるので、臨床解釈には注意が必要です。

●SCC(扁平上皮がん関連抗原)

 SCCは当初、子宮頸(けい)がん患者の組織から分離・精製されましたが、肺や頭頸部、食道などの扁平上皮がん患者の血清中に、高濃度に存在することが確認されました。子宮頸がんや肺がん、頭頸部がん、食道がん、皮膚がんで検出されるとともに、これらの良性疾患でも検出されます。

●NSE(神経特異エノラーゼ)

 NSEは、神経組織や神経内分泌細胞に特異的に存在するエノラーゼ(蛋白の一種)で、組織の腫瘍化に伴って血液中に上昇します。

 肺がんや神経芽細胞腫、膵がんで上昇します。肺小細胞がんでは60~80%が陽性となり、非小細胞がんでは10~20%の陽性率ですが、陽性の場合は予後が不良です。

●ProGRP(ガストリン放出ペプチド前駆体)

 ProGRPは小細胞がん細胞内で産生され、血中に放出されます。肺小細胞がんの特異的なマーカー(35~75%)として検査されます。肺の大細胞がんや扁平上皮がんでも陽性(10~20%)になります。

●SLX(シアリルSSEA-1抗原)

 SLXは、ムチン型糖鎖蛋白で、胎生期に形成される気管支腺細胞に存在します。肺がん(腺がん)で陽性となるほか、気管支炎や肺線維症、気管支拡張症、肺結核でも陽性になります。

疑われるおもな病気などは

◆シフラが上昇する病態

 ①肺がん:扁平上皮がん>腺がん、小細胞がん

 ②その他のがん:食道がん、咽頭がん、膀胱がん、子宮頸がん、胃がん、大腸がん、膵がん、前立腺がん

 ③良性呼吸器疾患:咽頭炎、気管支炎、肺炎、肺結核

 ④その他の良性疾患:胃潰瘍、皮膚疾患、慢性肝炎、腎不全

◆SCCが上昇する病態

 ①肺がん:扁平上皮がん>腺がん、小細胞がん

 ②その他のがん:子宮頸がん、頭頸部がん、食道がん、皮膚がん

 ③良性疾患:呼吸器疾患、婦人科疾患、頭頸部疾患、消化器疾患

◆NSEが上昇する病態

 ①肺がん:小細胞がん>扁平上皮がん、腺がん

 ②神経内分泌腫瘍:神経芽細胞腫、インスリノーマ、甲状腺髄様がん

 ③膵がん:膵島がん

◆ProGRPが上昇する病態

 ①肺がん:小細胞がん

 ②腎不全

◆SLXが上昇する病態

 ①肺がん:腺がん>小細胞がん、扁平上皮がん

 ②呼吸器良性疾患:細気管支炎、肺線維症、気管支拡張症、肺結核

▲医師が使う一般用語:

シフラ→「シフラ」

SCC→「エスシーシー」=squamous cell carcinoma(扁平上皮がん関連抗原)の略SCCから

NSE→「エヌエスイー」=neuron specific enolase(神経特異エノラーゼ)の略NSEから

ProGRP→「プロジーアールピー」=Pro-gastrin-releasing peptide(ガストリン放出ペプチド前駆体)の略ProGRPから

SLX→「エスエルエックス」=siaryl Lewis X-i抗原の略SLXから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.