日経グッデイ

病院で受ける検査事典

カテコールアミン

基準値

 血中 アドレナリン  :0.12ng/ml以下

    ノルアドレナリン:0.05~0.40ng/ml

    ドーパミン   :0.20ng/ml以下

 尿中 アドレナリン  :15μg/日以下

    ノルアドレナリン:10~150μg/日

    ドーパミン   :100~700μg/日

褐色細胞腫をチェック

 カテコールアミンは副腎髄質(ふくじんずいしつ)から分泌されるホルモンで、交感神経支配臓器に作用して血圧を上昇させたり、肝臓でのグリコーゲンの分解を促進して血糖を上昇させるなどの役割があります。

 カテコールアミンには、アドレナリン(エピネフリン)、ノルアドレナリン(ノルエピネフリン)、ドーパミンなどが含まれます。

 顔面蒼白、動悸、頻脈(脈が速いこと)、めまい、発汗、頭痛、呼吸困難、手足の冷感、吐き気、嘔吐(おうと)、高血圧などの症状を発現する褐色細胞腫(かっしょくさいぼうしゅ)の疑いがあるとき、このホルモンを調べます。褐色細胞腫は、副腎髄質などに腫瘍のできる病気で、カテコールアミンが高値になります。

検査値からの対策

 薬剤を使用している場合には、最低限1週間の休薬後に再検査をします。褐色細胞腫の臨床症状は非常に多彩であり、単なる不安感や腹痛しか症状が出ない場合もあるため、境界値の場合であっても経過を観察し続ける必要があります。

 腫瘍が検出された場合には、ただちに手術により摘出します。

疑われるおもな病気などは

◆高値→褐色細胞腫、本態性高血圧

◆低値→特発性起立性低血圧

▲医師が使う一般用語:「アド」「ノルアド」