日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:尿・便の検査  > 尿ビリルビン、尿ウロビリノゲン

おもな検体検査:尿・便の検査

尿ビリルビン、尿ウロビリノゲン

にょうビリルビン、にょうウロビリノゲン

基準値

尿ビリルビン:陰性(-)

尿ウロビリノゲン:弱陽性(±)

尿ビリルビン、尿ウロビリノゲンとは

 尿ビリルビンとは、赤血球中のヘモグロビンが壊れてできる色素ビリルビンが尿中に出現したもの。ビリルビンのことを胆汁色素とも呼び、胆汁や便の色はビリルビンの色。尿ウロビリノゲンとは、ビリルビンが腸で細菌によって分解されてできたウロビリノゲンが尿中に出現したもの。

肝臓が障害を受けると尿ビリルビン、尿ウロビリノゲンが陽性に
肝臓の異常や黄疸などを調べる検査です。尿ビリルビンは陽性、尿ウロビリノゲンは陽性・陰性の場合には再検査を行います。

肝機能に障害があると陽性

 ビリルビンの項で述べたように、ビリルビンには肝臓で処理(抱合(ほうごう))される前の間接ビリルビンと、処理されたあとの直接ビリルビンがあります。

 直接ビリルビンは、肝臓でつくられた胆汁とともに腸内に入り、そこで細菌によって分解されてウロビリノゲンになり、腸から吸収されて血液中に出現し、腎(じん)臓から尿中に排泄されます。これが尿ウロビリノゲンで、その量はわずかなため、基準値は弱陽性で「±」もしくは「正」と表示されます。

 さらに、直接ビリルビンの一部はそのまま胆汁中から血液中にも出現し、一定量を超えると腎臓から尿中に排泄されます。これが尿ビリルビンで、したがって、尿ビリルビンはすべて直接ビリルビンです。

 どちらとも、肝機能が障害を受けてビリルビンの処理能力が低下すると上昇し、陽性になります。

黄疸がおこると陽性あるいは陰性に

 尿ビリルビン、尿ウロビリノゲンは、黄疸(おうだん)がおこると異常値を示します。

 何らかの原因で赤血球が壊れておこる溶血性黄疸では、血液中の直接ビリルビンには変化がないため、尿ビリルビンは認められませんが、尿ウロビリノゲンは上昇します。

 肝細胞性黄疸では、血液中に直接ビリルビンが増加するために尿中にもビリルビンが出現し、尿ウロビリノゲンも増加します。

 一方、閉塞性黄疸(胆汁うっ滞性黄疸)では、直接ビリルビンが胆汁中から血液中に逆流して増加するために尿中にも出現・上昇しますが、ウロビリノゲンは材料となる直接ビリルビンが来ないため、尿中では検出されません。

 尿ウロビリノゲンの陰性は、総胆管の閉塞を知る重要な指標といえます。

尿ビリルビンは泡立ちやすく泡まで黄色

 尿ビリルビンは、界面活性作用があるために尿は泡立ちやすく、その泡も黄色いことが特徴です。尿が黄色かったら泡立たせて、それが泡まで黄色いときはビリルビン尿である可能性が高いといえます。検査は尿の中に試験紙を入れて変色の度合を調べます。採尿時の注意は「尿蛋白」を参照してください。

 尿ビリルビンは陽性のとき、尿ウロビリノゲンでは陽性または陰性のときに、さらにくわしく検査して原因を究明していきます。

疑われるおもな病気などは

◆尿ビリルビン

  陽性→急性肝炎、劇症肝炎、肝硬変、薬剤性肝障害、アルコール性肝障害、肝内胆汁うっ滞、閉塞性黄疸など

◆尿ウロビリノゲン

  陽性→急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害、溶血性貧血など

  陰性→肝内胆汁うっ滞、閉塞性黄疸、抗菌薬投与など

▲医師が使う一般用語:「ビリルビン」「ウロビリノ(ー)ゲン」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.