日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:尿・便の検査  > 尿糖

おもな検体検査:尿・便の検査

尿糖

にょうとう

基準値

陰性(-)

膵臓から分泌されるインスリンが減少したり働きが弱くなると、血糖を処理できなくなり、血液中の血糖値が上昇。血糖値が160~180mg/dl以上になると糖が尿中に出現し、陽性に
おもに糖尿病の検査として行いますが、一度陽性だからといって、すぐに糖尿病に結びつくわけではありません。検査当日は絶食、前日の飲酒は控えます。

糖尿病になると陽性に

 尿糖は、血液中のブドウ糖(血糖)が尿中に漏れ出てきたもので、おもに糖尿病のスクリーニング(ふるい分け)検査として行われています。

 腎(じん)臓には、体に有用な糖がかなり高値になっても、尿中に漏出させない機構があります。この機構のレベルは血糖値が160~180mg/dlで、これを超えないと、糖は尿中には出ていきません。

 しかし、糖尿病などで血糖値がこれ以上に高くなると、腎臓での糖の処理能力が限度を超えて尿中に糖が出現し、尿糖は陽性になります。

尿糖陽性は糖尿病の特異的指標ではない

 食事で極めて多量の糖分を摂取すると、血糖値が異常に上昇して尿中に出て、尿糖が陽性になります。したがって、尿糖が1回陽性だったからといって、すぐに糖尿病に結びつくわけではありません。

 また、血糖値が160~180mg/dl以下で、とくに腎臓に病気がなくても尿糖の出る場合があります。これを腎性糖尿といい、腎臓での糖処理の機構がもともと低いためにおこる現象で、この場合は放置しておいても心配ありません。

食後2~3時間たってからの尿で検査

 採尿時の注意事項については、前項の尿蛋白(→参照)を参照ください。検査は、試験紙によって尿糖が出ているか否かを調べます。出ていなければ陰性(-)です。

 尿糖は、食事の摂取によって数値が大きく変わります。検査当日の朝は絶食し、前日の夕食は早めにとり、アルコールは控えます。

陽性、偽陽性ならくわしく検査

 尿糖が陽性(+)、あるいは偽陽性(±)の場合は血糖検査を行います。

 また、糖尿病というのは膵(すい)臓からのインスリン(参照)の分泌が低下したり、末梢組織でのインスリンの効果が減少した病態ですから、糖尿病の診断にはインスリンやその前段階の物質であるC-ペプチドなどの測定も行います。

 なお、自分で糖尿病のコントロール具合をみる方法に、尿糖検査と自己血糖検査(SMBG)があります。尿糖検査は、市販されている安価な試験紙で簡単に尿糖の有無が確認できます。この場合、毎食前および就寝前の4回行います。検査1時間前に排尿し、検査直前にあらためて排尿して、その尿で検査するほうが確かな情報が得られます。ただし、尿糖は尿の濃縮の程度で陰性・陽性になるため、この検査はおおよそのコントロール具合をみるもので、正確にみる場合は自己血糖検査が行われています。自己血糖検査は、市販されている簡易自己測定器という機械を使います。自己測定を行いたい場合は主治医に相談してください。

疑われるおもな病気などは

◆陽性→糖尿病、内分泌疾患(クッシング症候群、甲状腺機能亢進症など)、肝疾患(とくに慢性肝炎、肝硬変)、膵組織の破壊(膵炎、膵臓がんなど)、腎性糖尿、妊娠、薬剤の影響など

▲医師が使う一般用語:「にょうとう」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.