日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:感染症の検査  > クラミジア抗原・抗体

おもな検体検査:感染症の検査

クラミジア抗原・抗体

クラミジアこうげん

基準値

陰性(-)

性感染症の最大の原因

 クラミジア(クラミジア・トラコマティス)はヒトや動物の細胞に寄生することで増殖する微生物で、この微生物に感染しているか否かを調べる検査が、クラミジア抗原・抗体検査です。クラミジアは、ほとんど性行為によって感染し、性器クラミジア感染症は最も罹患(りかん)率の高い性感染症(STD)です。

 女性の場合はまず、子宮の入口部分の頸(けい)管に感染して子宮頸管炎がおこり、放置しておくと感染が子宮の内部へと進み、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎などを、さらに上腹部にまで及ぶと肝臓と他の臓器が癒着(ゆちゃく)する肝周囲症がおこってくるようになります。男性の場合は、まず尿道に感染して尿道炎がおこり、感染が進むと前立腺炎や精巣上体炎などがおこってきます。

 また、クラミジアは口や肛門からも感染し、咽頭炎や直腸炎などを発症することがあります。

治療はパートナーと同時に

 クラミジア感染の診断は、抗原検査と抗体検査により行われます。抗原検査には免疫学的方法、遺伝子診断法があり、後者のほうが感度、特異度が優れた検査です。抗体検査は感染の間接的な証明しかできませんが、女性の子宮頸管炎、骨盤腹膜炎などや男性の前立腺炎や精巣上体炎では有用性が知られています。

 近年、性器クラミジア感染症がとくに若い女性に急増しています。放置しておくと、上記の病気に伴って流産や早産、子宮外妊娠をおこしたり、不妊になることもあるので、十分な注意が必要です。

 この病気は、パートナーと同時に治療を受けることが重要です。そうしなければ、いつまでたっても感染を繰り返す怖れがあります。また、治っても再発することがよくあります。既往歴のある人は、必ず性行為の最初から最後までコンドームを使用して予防し、さらに定期的に検査をすることが大切です。

▲医師が使う一般用語:「クラミジア」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.