日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:感染症の検査  > インフルエンザ検査

おもな検体検査:感染症の検査

インフルエンザ検査

インフルエンザけんさ

基準値

陰性(-)

■簡易測定キット検体の採取方法と判定
◆どちらも1本の場合 →A型陰性・B型陰性、◆どちらも2本の場合 →A型陽性・B型陽性、◆どちらか一方が2本の場合 →A型陽性・B型陰性 →A型陰性・B型陽性
インフルエンザウイルスの感染の有無を調べる検査です。毎年、必ず流行ります。生活習慣を整えて免疫力を高めておくことが何より大切です。

インフルエンザとは

 インフルエンザ(インフル)は38℃以上の高熱、頭痛や関節痛、筋肉痛を急に発症する病気です。咽喉の痛みや鼻汁、咳などの症状も現れます。

 インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスは、核蛋白と膜蛋白の違いによりA型、B型、C型の3種類に分類され、流行的な広がりをするのはA型とB型です。A型はさらに、ウイルス表面の赤血球凝集素(HAもしくはH)と酵素(ノイラミニダーゼ:NAもしくはN)により多くの亜型に分類されます。B型も同様な蛋白をもっていますが、1つの亜型しかありません。

 また、B型はヒトへの感染が主ですが、A型はヒトばかりでなく、哺乳類や鳥類にも広く分布しています。この鳥類に存在するA型がヒトに感染したのが、鳥インフルエンザです。

 鳥インフルエンザは、もともとは弱毒性ですが、H5とH7の亜型の鳥ウイルスの中に突然変異を起こし、強毒性をもつウイルスが出現します。これを「H5N1高病原性鳥インフルエンザウイルス」といいます。昨今話題になっているのは、このA型のうちH5N1型のウイルスです。

感染していれば陽性に

 インフルエンザの診断は、高熱や咽喉の痛み、関節痛などの症状により疑い、簡易測定キットを用いて、ウイルスの存在の有無により診断するのが最もポピュラーな手順です。鼻腔ぬぐい液や咽頭ぬぐい液、鼻腔吸引液を滅菌した綿棒や吸引用チューブで採取して、これをパネルの検体添加部に添加すると30分程度で結果が出ます。のように、AとBのところに沈降線が形成されれば陽性で、そのウイルスに感染していると診断できます。

 ただし、十分なウイルス量がないと沈降線ができませんから、感染初期では偽陰性となることもあります。また、この簡易キットではA型かB型かの診断はできますが、新型インフルエンザか否かの判定はできません。この判定にはPCR法という感度の高い検査が必要ですから、専門の施設に検査を依頼することになります。

治療法

 これらのインフルエンザウイルスに対する治療薬には、内服薬としてアマンタジン(商品名:シンメトレルなど)とオセルタミビル(タミフル)、吸入薬としてザナミビル(リレンザ)とラニナミビル(イナビル)、注射薬としてペラミビル(ラピアクタ)があります。アマンタジンだけはA型のみが適応で、その他はA型、B型にも有効です。

インフルエンザ検査の限界・問題点

①検体の種類・採取手技(選択)

 鼻腔ぬぐい液・鼻腔吸引液(80%)、咽頭ぬぐい液(60%)

②検出限界:感度・特異度

 ウイルスコピー数(ウイルス量)に 依存(量的に一定量)

③採取(検出)時期

 発病2日以内

④簡易測定キット

 偽陽性、偽陰性

▲医師が使う一般用語:「インフル」「インフルエンザ」=インフルエンザから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.