日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:感染症の検査  > インフルエンザ検査

おもな検体検査:感染症の検査

インフルエンザ検査

インフルエンザけんさ

基準値

陰性(-)

■簡易測定キット検体の採取方法と判定
◆どちらも1本の場合 →A型陰性・B型陰性、◆どちらも2本の場合 →A型陽性・B型陽性、◆どちらか一方が2本の場合 →A型陽性・B型陰性 →A型陰性・B型陽性
インフルエンザウイルスの感染の有無を調べる検査です。毎年、必ず流行ります。生活習慣を整えて免疫力を高めておくことが何より大切です。

インフルエンザとは

 インフルエンザ(インフル)は38℃以上の高熱、頭痛や関節痛、筋肉痛を急に発症する病気です。咽喉の痛みや鼻汁、咳などの症状も現れます。

 インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスは、核蛋白と膜蛋白の違いによりA型、B型、C型の3種類に分類され、流行的な広がりをするのはA型とB型です。A型はさらに、ウイルス表面の赤血球凝集素(HAもしくはH)と酵素(ノイラミニダーゼ:NAもしくはN)により多くの亜型に分類されます。B型も同様な蛋白をもっていますが、1つの亜型しかありません。

 また、B型はヒトへの感染が主ですが、A型はヒトばかりでなく、哺乳類や鳥類にも広く分布しています。この鳥類に存在するA型がヒトに感染したのが、鳥インフルエンザです。

 鳥インフルエンザは、もともとは弱毒性ですが、H5とH7の亜型の鳥ウイルスの中に突然変異を起こし、強毒性をもつウイルスが出現します。これを「H5N1高病原性鳥インフルエンザウイルス」といいます。昨今話題になっているのは、このA型のうちH5N1型のウイルスです。

感染していれば陽性に

 インフルエンザの診断は、高熱や咽喉の痛み、関節痛などの症状により疑い、簡易測定キットを用いて、ウイルスの存在の有無により診断するのが最もポピュラーな手順です。鼻腔ぬぐい液や咽頭ぬぐい液、鼻腔吸引液を滅菌した綿棒や吸引用チューブで採取して、これをパネルの検体添加部に添加すると30分程度で結果が出ます。のように、AとBのところに沈降線が形成されれば陽性で、そのウイルスに感染していると診断できます。

 ただし、十分なウイルス量がないと沈降線ができませんから、感染初期では偽陰性となることもあります。また、この簡易キットではA型かB型かの診断はできますが、新型インフルエンザか否かの判定はできません。この判定にはPCR法という感度の高い検査が必要ですから、専門の施設に検査を依頼することになります。

治療法

 これらのインフルエンザウイルスに対する治療薬には、内服薬としてアマンタジン(商品名:シンメトレルなど)とオセルタミビル(タミフル)、吸入薬としてザナミビル(リレンザ)とラニナミビル(イナビル)、注射薬としてペラミビル(ラピアクタ)があります。アマンタジンだけはA型のみが適応で、その他はA型、B型にも有効です。

インフルエンザ検査の限界・問題点

①検体の種類・採取手技(選択)

 鼻腔ぬぐい液・鼻腔吸引液(80%)、咽頭ぬぐい液(60%)

②検出限界:感度・特異度

 ウイルスコピー数(ウイルス量)に 依存(量的に一定量)

③採取(検出)時期

 発病2日以内

④簡易測定キット

 偽陽性、偽陰性

▲医師が使う一般用語:「インフル」「インフルエンザ」=インフルエンザから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.