日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:感染症の検査  > ノロウイルス検査

おもな検体検査:感染症の検査

ノロウイルス検査

ノロウイルスけんさ

基準値

陰性(-)

伝染性の消化器感染症をおこすノロウイルスの感染の有無を調べる検査です。今のところ保険適用外の検査のため、個人で受けると高額な費用がかかります。

ノロウイルスとは

 ノロウイルスは、ヒトには経口感染して、小腸表皮細胞で増殖し、伝染性の消化器感染症(感染性胃腸炎)を起こすウイルスです。かつては、SRSV(small round structured virus)と呼ばれていました。

 主な症状としては吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱があり、発熱がある場合は、37~38℃くらいの微熱程度の軽度ですむことが多いようです。

 現在、ノロウイルスに効果のある抗ウイルス薬はありません。通常、これらの症状が1~2日続いた後、治癒し、後遺症もありませんが、体力の弱い乳幼児、高齢者は、脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりする場合もありますので、水分と栄養の補給を充分に行うことが大切です。

 また、ノロウイルスに感染しても発症しない場合や、軽い風邪のような症状の場合もあります。

 乳幼児下痢症で小児科外来を受診した60~80%の原因が、ノロウイルスといわれています。また、ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、1年を通して発生していますが、とくに冬季に流行します。

ノロウイルスの感染経路は

 ノロウイルスは、下記に示す3つの感染経路があります。

①ウイルスで汚染された食品を摂取する

②ウイルスで汚染された水を飲む

③感染した人の糞便や嘔吐物に排泄されたウイルスが、本人および周囲の人に付着し、飛散したウイルスから経口感染

 ①のウイルスに汚染された食品に関しては、食品取扱者を介してウイルスに汚染された食品を摂取することにより感染する事例が、近年増加傾向にあります。また、特定の食品として、汚染されていた二枚貝を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合に感染することがあります。

ノロウイルスの検出・診断

 感染者の糞便や嘔吐物を用いて、電子顕微鏡、RT-PCR法、リアルタイムPCR法などの遺伝子を検出する方法でウイルスの検出を行い、診断します。リアルタイムPCR法では、ウイルスの定量も行うことができます。糞便には通常、大量のウイルスが排泄されるので、比較的容易にウイルスを検出することができます。

ノロウイルスの検査は保険適用外

 ノロウイルスの検査は、通常の医療機関で検査はできず、迅速な検査もありません。例外として、集団感染などで感染拡大が考えられる場合などには、保健所などが迅速な検査をする場合はあります。

 どうしても個人でノロウイルスの検査を受けたい人は、医療機関に申し出れば検査をすることは可能です。しかし、「保険適用外」の扱いになるため、2~3万円くらいの高額な費用がかかります。

▲医師が使う一般用語:「ノロウイルス」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.