日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:感染症の検査  > ヘリコバクター・ピロリ検査

おもな検体検査:感染症の検査

ヘリコバクター・ピロリ検査

ヘリコバクター・ピロリけんさ

基準値

陰性(-)

ヘリコバクター・ピロリとは

 ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori、以下ピロリ菌)は、胃の粘膜に感染する、鞭毛を有するらせん状のグラム陰性桿(かん)菌です。感染経路は口からの感染であり、口-口感染、糞便-口感染、飲料水感染などが考えられており、健康な人にも感染しています。

 一般には、発展途上国では感染率が高く、先進国では低いとされています(図1)。我が国では、40歳以上では70%以上と発展途上国なみの陽性率ですが、40歳以下は欧米なみの低い陽性率です。戦後の公衆衛生環境の整備が要因としてあげられています。

胃・十二指腸潰瘍、胃がんでも陽性に

 近年、このピロリ菌の感染が、急性胃炎、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどと関係することが明らかになりました。

 そして、ピロリ菌と胃がんの発生については、WHO(国際保健機構)は確実な発がん物質と認定しており、研究では、ピロリ菌感染者ではピロリ菌非感染群と比べて約6倍の発生リスクとの報告もあります。

さまざまなピロリ菌の検査

 ピロリ菌感染の検査法には、表1に示すような内視鏡を用いる方法と用いない非侵襲的な方法があります。

 非侵襲的検査の尿素呼気試験は、ピロリ菌がもつ尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する働きを利用したものです。まず、尿素に標識をつけた薬を飲み、次に呼気中の標識二酸化炭素を測定して感染を推定します。

 抗体測定法は、血液中に存在するピロリ菌に対する抗体を検出する方法です。しかし、除菌治療をしても抗体の低下には時間が必要で、半年に一度くらいに検査が行われます。

 一方、内視鏡的検査は胃粘膜を採取し、この組織を培養したり顕微鏡で調べたり、あるいはPCR法という遺伝子検査を行ったりします。この方法では、採取した胃粘膜にピロリ菌が存在していないと陽性にはなりません。

ピロリ菌の除菌

 最近、抗菌薬(アモキシシリン、クラリスロマイシン)による除菌治療が一般に行われるようになりました。除菌をすれば、多くの胃・十二指腸の病気は改善します。一度で除菌に成功しない場合でも、薬をかえて再び除菌が可能になりました。

 胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療としてピロリ菌を除菌すると、再発率は著明に低下します。除菌しなかった場合と除菌した場合での再発率は、図2に示すように明らかに違います。

■図1 ピロリ菌の年代別感染率
(Graham,D.Y.:Gastroenterol.clin Biol,13:84b,1989より改変)
■表1 ピロリ菌の検査
○内視鏡的検査
 ・培養法
 ・PCR法
 ・組織鏡検査
 ・迅速ウレアーゼ試験
○非侵襲的検査
 ・尿素呼気試験
 ・便中抗原測定法
 ・抗体測定法
■図2 除菌の有無による胃・十二指腸潰瘍の再発率
(NIHカンファレンスの資料より改変)
ピロリ菌の感染は、胃潰瘍や胃がんなどの重大な危険因子です。日本人の40歳以上の多くは感染しています。

▲医師が使う一般用語:「ヘリコ」もしくは「ピロリキン」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.