日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:感染症の検査  > ウイルス抗体価

おもな検体検査:感染症の検査

ウイルス抗体価

ウイルスこうたいか

基準値

陰性(-)

ウイルス抗体価とは

 体の中に侵入してきた、あるウイルス(抗原)に対して対抗する物質(抗体)の力価(量や強さ)のこと。

■ウイルス感染症の経過略図
ウイルスの大きさは、20~450nm。nmはナノメートル、1nmは10億分の1m。例えば風疹ウイルスは直径約70nm。すなわち0.000007mm。
ウイルスに感染すると一定期間後(ウイルスにより異なる)に発症、IgM抗体、IgG抗体が増加
ウイルスの感染の有無を調べる検査です。妊婦が風疹ウイルスに感染すると胎児が奇形となるため、罹患時期を特定(推定)することが重要です。

ウイルスに感染していれば陽性

 ウイルス感染症の診断も細菌感染症と同様に、ウィルスを同定(特定)することが望ましいのですが、多くの場合、ウイルスの同定は困難です。

 肝炎ウイルスやエイズウイルスなどのようなウイルスの同定、ウイルス量の推定が診断、治療、治療効果の判定上重要な場合は、特別な方法を用いてウイルスを同定しています。一方、そのほかの多くのウイルス感染症では、感染ウイルスではなく、ウイルス感染によって上昇するウイルス抗体価の検査を行って、診断の確認をしています。

感染から数週間たたないと診断できない

 ウイルスに感染すると、左ののグラフに示すように、侵入ウイルスは標的臓器で増殖し、感染症が発症します。発症とほぼ時を同じくしてIgM抗体(参照)が、続いてIgG抗体が出現、血液中で上昇します。

 したがって、ウイルス感染から数週間たたないと抗体価による診断ができないという欠点があります。

ペア血清とIgM抗体で診断

 通常、ウイルスの多くはすでに昔に感染しており、そのときに体には抗体がつくられています。このため、ウイルス感染が疑われるときに抗体価を測定しても、抗体はすでに存在している場合が多いわけです。

 そこで、抗体価の検査は、ウイルス感染が疑われた時点とそれから10~14日後の血清を用いて抗体価を測定し(ペア血清)、あとから測定したほうが4倍以上の上昇を認めた場合、感染があったと診断します。また、IgM抗体は、感染後比較的早期に上昇するため、IgM抗体を測定して、これが高値である場合は感染していると診断できます。

 このように、ペア血清、もしくはIgM抗体価測定により、ウイルス感染を診断しています。

妊婦では風疹ウイルスの感染を特定することが重要

 風疹は、妊婦が感染すると、胎児が奇形(先天性風疹症候群:胎児の感覚器が形成される妊娠3カ月以内の感染が影響する)となるため、妊婦では罹患(りかん)時期を特定(または推定)することが重要になります。IgM抗体が検出された場合には、3カ月以内に感染があったと考えられます。

▲医師が使う一般用語:「ウイルスこうたいか」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.