日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:免疫血清検査  > ASO

おもな検体検査:免疫血清検査

ASO

ASO

基準値

250単位以下

ASO とは

 溶血性連鎖球菌によってつくられるβ(ベータ)溶血毒素(ストレプトリジンO(オー)=SLO)に対する抗体のこと。

溶連菌が体内に侵入し、毒素(SLO)を振り巻くとASO が出現し、戦う(左図)。溶連菌は扁桃だけでなく、腎臓の糸球体も襲う(右図)
溶連菌に感染しているか否かを調べる検査です。ASOは健康な人でも変動があるため、明らかな陽性以外は再度測定を行います。

扁桃炎のときに高値に

 扁桃(へんとう)が赤くはれ、発熱と喉(のど)の痛みや白苔(はくたい)を認める扁桃炎は、細菌が感染して発症しますが、その原因菌のひとつに溶血性連鎖球菌(溶連菌)があります。

 この菌は、感染すると毒素をつくり、生体は、この毒素に対して抗体(ASO)をつくり、抗原であるこの菌を排除しようとします。したがって、この抗体を測り、陽性になれば溶連菌に感染した変化であることが判定できるわけです。

急性糸球体腎炎でも高値に

 溶連菌はまた、急性糸球体腎炎をおこします。扁桃炎をおこしたとき、数日高熱が続き、その後、腰痛、血尿が現れると、急性糸球体腎炎の合併が疑われます。急性糸球体腎炎の合併では血圧が上昇し、尿検査では尿蛋白(参照)が陽性、尿沈渣(ちんさ)(参照)で赤血球陽性になり、血液検査では尿素窒素(参照)やクレアチニン(参照)が上昇します。急性糸球体腎炎は、早期の入院加療が必要になります。

 なお、急性糸球体腎炎は溶連菌が直接、糸球体を障害するのではなく、ASOと菌体成分が結合した複合体が糸球体を障害します。

 その他、溶連菌は、関節炎や心臓弁膜症を合併するリウマチ熱の原因にもなります。

明らかな陽性以外は再測定

 血清を用いて測定します。ASOは健康な人でも変動があり、明らかな陽性の場合以外は2週間以上の間隔で再測定し、2段階以上の変動があれば陽性と判断します。

 溶連菌の中には、ストレプトリジンO(オー)以外の毒素をつくる菌もいて、この場合は溶連菌に感染していてもASOは陰性になるため、ほかの測定法(抗ストレプトキナーゼ、ASK)を行い、溶連菌感染の有無を調べます。

陽性で症状を伴えば、くわしく検査

 溶連菌に感染しても、ASOは2週間は陰性で、2週間後から上昇し始めて短期(4~6週)で高値になり、その後、次第に低下していきます。抗菌薬治療で、抗体価の上昇は抑えられます。

 症状がなく、ASOが陽性の場合は以前に溶連菌に感染したことを示します。症状(発熱や関節痛、動悸、血尿など)を伴う場合は、血液や尿などの検査を行い、溶連菌感染の部位、合併を明らかにします。

疑われるおもな病気などは

◆高値→扁桃炎、リウマチ熱、急性糸球体腎炎、猩紅熱(しょうこうねつ)、血管性紫斑病など

◆低値→免疫不全症候群

▲医師が使う一般用語:「エーエスオー」=antistreptolysin O(抗ストレプトリジンO)の略。AS(L)Oから。「アスロ」とも

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.