日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:免疫血清検査  > 抗CCP抗体

おもな検体検査:免疫血清検査

抗CCP抗体

こうCCPこうたい

基準値

陰性(-)

関節リウマチで高率に陽性

 今までは、関節リウマチに対してはリウマトイド因子(→参照)のみが臨床的に使用されていた唯一の自己抗体でしたが、そこに新しく登場したのが抗CCP抗体です。関節リウマチになると関節の滑膜に環状シトルリン化ペプチド(CCP)と呼ばれる抗原物質がたくさん出現します。抗CCP抗体は、この抗原に対してのみ特異的に反応します。

 抗CCP抗体は、数年経過した関節リウマチでは70~85%が陽性となり、これはリウマトイド因子や後述するMMP-3(マトリックスメタロプロテアーゼ-3参照)の70%より高率です。

早期発見・診断に重要な検査

 近年、関節リウマチの治療法が大きくかわってきました。例えば薬物療法では、抗リウマチ薬(DMARDs)、ステロイド、非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)に加えて、高い治療効果が期待できる生物学的製剤も開発されて、予後の改善だけでなく治癒することも望めるようになってきました。

 そのためには、早期発見・早期診断が重要です。さまざまな検査をしても、そのときは関節リウマチと確定診断ができない病態を「診断未確定関節炎」と呼びますが、抗CCP抗体はこういった時期から陽性となるため、早期発見・早期診断の検査として期待されています。

 診断未確定関節炎の状態で抗CCP抗体が陽性の場合は、将来、関節リウマチになる可能性が高く、また陽性の場合は陰性の場合より重症になりやすいことがことがわかっています。そのため、この検査は、2007年4月から保険の適用となりました。

疑われるおもな病気などは

◆陽性:関節リウマチ、関節リウマチを重複した膠原病(シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデス)

▲医師が使う一般用語:「コウシーシーピーコウタイ」あるいは単に「シーシーピー」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.